韓国グルメ

【チェジュ島グルメ】超おすすめ!名物の茹で豚料理「トンベコギ」が絶品すぎる

チェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」
りこりあ
りこりあ
チェジュ島は茹で豚がおいしいですよ〜!

韓国のハワイ、チェジュ島!

きれいな海と緑豊かな自然が広がる韓国屈指のリゾート島ですが、黒豚サムギョプサルや市場のB級グルメなど、おいしい食べ物もたくさんあるんです。

何度かチェジュ島を訪れた中で、特に衝撃を受けたのが「トンベコギ」という茹で豚料理。あまりにもおいしすぎて、トンベコギのためにまたチェジュ島に行きたいくらい!

この記事では、チェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」を味わえる名店をご紹介します。

オッパ
オッパ
チェジュ国際空港から車で約55分、西帰浦(ソギポ)市に位置しています!

チェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」とは?

カットされたチェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

チェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」。韓国通の人でも、トンベコギを知っている人はあまりいないのではないでしょうか?(私も今回初めて知りました)

「トンベコギ(돔베고기)」とは「トンベ(돔베)」+「コギ(고기)」から成る造語です。

「トンベ(돔베)」とは、チェジュ島の方言で「まな板」という意味。「コギ(고기)」は「お肉」を指している言葉です。直訳すると「トンベコギ」=「まな板お肉」ですね。

トンベコギは、じっくりと茹でたチェジュ島産の黒豚を丸ごとまな板の上にのせてスライスしながら食べる韓国料理なんです!

「スユク(수육)」にも似ていますが、それとはまた少し違います。トンベコギは茹でたてほやほや。アツアツの茹で豚を楽しむことができるんです。

りこりあ
りこりあ
お肉そのものの旨味を味わえるんですよ!

 

チェジュ島のトンベコギの名店「チョンジッコル食堂」

チェジュ島のトンベコギ専門店「チョンジッコル」の外観

チェジュ島の西帰浦(ソギポ)市に、おいしいトンベコギを味わえる名店があるということで!行ってきました「チョンジッコル食堂(천짓골식당)」。

繁華街からは近いのですが、観光地化してはおらず、むしろ超ローカルな雰囲気が漂っています。お客さんの層も、観光客よりも地元客のほうが多いみたいです。

チェジュ島のトンベコギ専門店「チョンジッコル」の看板

チョンジッコル食堂が創業されたのは、1992年。30年近い間、この地で暖簾を守り続けています。改装などはされていないのでしょうか、外観も内装も年季が入っています。

チェジュ島のトンベコギ専門店「チョンジッコル」の店内

店内には、入り口で靴を脱いで上がります。テーブル席はなく、全席お座敷。飾りっ気のないシンプルな内装で、古さは感じられますが清潔に保たれていることが分かります。

 

チョンジッコル食堂のトンベコギメニュー

チェジュ島のトンベコギ専門店「チョンジッコル」のメニュー
りこりあ
りこりあ
ちょっと分かりづらいですが、メニュー、トンベコギの説明、おいしい食べ方などが書いてあります。
オッパ
オッパ
内容(和訳)は以下の通り!

必ず!ご一読の上、注文をお願いします。

当チョンジッコル食堂は1992年に創業し100%チェジュ島産の豚肉だけを厳選しています。

– チョンジッコル トンベコギ-

  • 白豚オギョブサル – 38000ウォン
  • 黒豚オギョプサル – 54000ウォン

(黒豚は、昔は燻す方法で作業をしていましたが、黒い毛が残ることによる食べづらさから現在はスチームで作業をし、毛がだいぶなくなりました)

豚の種子と肉の部位によって、テーブルごとに味と量が異なる場合があります。(特に赤身の肉がよりそうなります)

*ご注文される時は、嗜好によって(ex. もちっとさせてください、柔らかくしてください、肉の方にしてください、脂身の方にしてください)注文されると、お客様の好みに合わせてお召し上がり頂けます。

もし特に指定がない場合、普通の嗜好を顧慮してお出しします(初めての方はスタッフのおすすめ通りにされるとおいしくお召し上がり頂けます)。

*トンベコギのおいしい食べ方

  1. 肉の純粋な味を感じるなら、塩をつけてお召し上がりください。
  2. チョッカル(塩辛)だけをつけてお召し上がりください。
  3. にんにくを味噌につけ、キムチと一緒にお召し上がりください。
  4. 好みに合わせ、サンチュで包んでお召し上がりください。

*モムクッ(ホンダワラのスープ)

モムクッは、豚の骨を茹でたスープにホンダワラを入れ、そば粉を溶いて作ったスープで、婚礼や葬礼などチェジュ島の家庭行事には必ず食べられてきた料理です。健康にもよくモムクッを専門に提供する店もあるほど有名なチェジュ島の伝統料理です。ただし、そば粉にアレルギーがある方はお召し上がり頂けないという残念な点はあります。モムクッは、お食事(ごはん)注文時に一緒に提供します。

肉は600グラム(生肉基準3人分)ですが、茹でることで水分と脂が落ち、量が少なくなります。特に赤身の肉がより少なくなります。肉の性質によって、味と量が異なる場合があります。

モムクッは無料なので、ご希望の場合は何度でも提供することができます。しかし残された場合は環境負担金3000ウォンを頂いております。

バンチャンは空いた皿をお持ち頂ければ、追加でお入れします。やむを得ない場合には、スタッフがお席までお持ちします。

追加時は白豚300グラムも可能で、価格は19000ウォンです。黒豚(300グラム、価格27000ウォン)は量が限られているため、状況によっては追加できない場合もあります。

りこりあ
りこりあ
注文するときは(特にこだわりがなければ)白豚か黒豚かを選ぶだけで大丈夫です!
オッパ
オッパ
白豚は韓国語で「ペッテジ(백돼지)」黒豚は韓国語で「フッテジ(흑돼지)といいます!
りこりあ
りこりあ
ちなみに、おすすめは黒豚です!!

 

豊富なバンチャン!伝統料理の「モムクッ」も

チェジュ島のトンベコギ専門店「チョンジッコル」のバンチャン

トンベコギを注文すると、大量のバンチャン(おかず)が運ばれてきます。もちろん全てお代わり自由です。

チェジュ島のトンベコギ専門店「チョンジッコル」の店内の案内「おかずのお代わりはセルフです」

注意書きにあったように、おかずをお代わりする際は、空いたお皿をスタッフさんのところへ持っていきましょう。

チェジュ島の「モムクッ(ホンダワラのスープ)」

メニュー(2ページ目)にあったチェジュ島の伝統料理「モムクッ」ですが、モムクッはごはんを注文すると無料で出てきます。そしてモムクッはお代わり自由。

モムクッにごはんが付いているんじゃなくて、ごはんにモムクッが付いてくるんですよね。笑 こういう提供の仕方をする食堂ってたまに見かけますが、個人的に不思議です。笑

モムクッは、ホンダワラという海藻のスープで、混ぜるととろとろしています。味の方は、豚骨ベースなのでなかなかこってりしています。

好き嫌いが分かれそうな感じがしましたが…、伝統料理ということなのでぜひ一度食べてみてください!(海藻系が好きな人はきっと好きだと思います)

りこりあ
りこりあ
最初はよく分からなかったんですが、意外とクセになりますよ!

 

インパクト大!まな板にのったまるごと蒸し豚

チェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

そしていよいよ、目的のトンベコギの登場!

チェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

大きなまな板の上にどーんとのせられた、インパクトありすぎな茹でたてのお肉。大きなお肉のかたまりが、本当にそのまま出てきます。

チェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

すぐにでも食べたいところですが、カットしてもらうまでそのまま待たなければいけません。カットしてくれるのは、ベテランのアジュンマ1人だけ(スタッフさん多いんですけどね)。

アジュンマはカット担当なようで、常に大きな包丁を持ったまま店内をうろうろしているんですけど、これがまたシュールな光景です。笑

カットされたチェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

軽くおしゃべりしながら、慣れた手つきでお肉をカットしてくれたアジュンマ。私たちは今回初訪問ということで、食べ方も直接教えてもらいました。

 

チョンジッコル食堂おすすめのトンベコギの食べ方

りこりあ
りこりあ
チョンジッコル食堂では、4通りの食べ方が推奨されています!

1. 塩につけて食べる

カットされたチェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」 塩で食べるチェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

まずは、塩につけて食べる方法。

特に一口目にこの食べ方をおすすめしているそうです。他のどの食べ方よりも、お肉そのものの旨味をしっかりと感じることのできる食べ方となっています。

りこりあ
りこりあ
私はこの食べ方が一番好きでした!

 

2. チョッカルにつけて食べる

サムジャンをつけたチェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

次に、チョッカルにつけて食べる方法。

チェジュ島のチョッカル(塩辛)は、ミョルチチョッカル。ミョルチ(멸치)とは、カタクチイワシのこと。独特の風味があり、クセになるような味わいです。

 

3. サムジャンとキムチで食べる

サムジャンをつけたチェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」キムチとチェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

続いて、にんにくとサムジャン(味噌)、キムチを合わせて食べる方法。

にんにくとも合わないはずがないですね!

 

4. サンチュで包んで食べる

サンチュで包んだチェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」

最後に、サンチュで包んで食べる方法。

サンチュにサンム(大根の甘酢漬け)をのせてお肉を包み、サムジャンものせます。にんにくも忘れずに!ナムルやキムチを一緒に包むのもおすすめです。

 

個人評価

※私の個人的な評価になります。

立地 3.5
4.5
価格 3.0
コスパ 3.0
接客 3.5
雰囲気 3.5
居心地 3.5
リピート 5.0
おすすめ度(総合評価) 3.7

 

店舗情報

”제주서귀포시중앙로2-2”
店名 천짓골식당(チョンジッコル食堂)
住所 제주 서귀포시 중앙로 2-2
電話番号 064-763-0399
営業時間 18:00-22:00(L.O 21:00)
休業日 毎週日曜日
アクセス 「天池洞住民センター(천지동주민센터)」バス停留所より徒歩1分

 

まとめ

いかがでしたか?

チェジュ島の名物グルメ「トンベコギ」の名店「チョンジッコル食堂」をご紹介しました!

チェジュ島といえば「黒豚」ですが、食べるべきは黒豚サムギョプサルだけではありません!サムギョプサルもおいしいですが、トンベコギはそれを上回るかも…!?

お肉そのもののおいしさを味わえるトンベコギ、ぜひぜひ食べてみてください!

りこりあ
りこりあ
チェジュ島行き格安航空券なら【エアトリ】 がおすすめ!
あわせて読みたい
チェジュ島 黒豚 おすすめ
【チェジュ島グルメ】最高においしい黒豚サムギョプサルの名店【おすすめ】 チェジュ島といえば「黒豚」!黒豚サムギョプサルを食べずして、チェジュ島旅行を終えてしまうわけにはいきません。 私たちもチェ...
ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!2~3日以内に返信します。(手続き関係は各役所にお問い合わせください ^^)