語学留学・ワーホリ

【韓国語勉強法】韓国留学前の実力は?おすすめの勉強法をご紹介

韓国留学 留学前 実力 勉強法
  • 韓国留学前の韓国語の実力はどれくらいでしたか?
  • 韓国留学前に独学でどこまで実力を伸ばすべきですか?
  • 韓国語が全く分からない状態で留学するのは無謀ですか?
  • 韓国留学前におすすめの韓国語勉強法を教えてください!

これらは、REKOREA 公式LINE@にて、最近よく頂く質問の数々です。

これから韓国留学を控えている方、韓国留学を目指している方の中には、同じように自身の韓国語の実力や勉強法についてお悩みの方も多いかと思います。

この記事では、私自身を例にあげ、これらの質問にお答えしていこうと思います。

韓国留学前の韓国語の実力はどれくらいだった?

まず、韓国留学前の韓国語の実力について!分かりやすく数字で表すと、TOPIK4級、ハン検準2級レベルでした。以下がそれぞれの試験の評価基準になります。

・公共施設の利用や社会的関係の維持に必要な言語(ハングル )機能を遂行することができ、一般的な業務に必要な機能を実行できる。

・ニュースや新聞をある程度理解でき、一般業務に必要な言語(ハングル)が使用可能。

・よく使われる慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに社会・文化的な内容の文章を理解でき、使用できる。

引用:https://www.kref.or.jp/

・様々な相手や状況に応じて表現を選択し、適切にコミュニケーションを図ることができる。

・内容が比較的平易なものであれば、ニュースや新聞記事も含め、長い文やまとまりを持った文章をある大体理解でき、また日常生活で多く接する簡単な広告などについてもその情報を把握することができる。

・頻繁に用いられる単語や文型については基本的にマスターしており、数多くの慣用句に加えて、比較的容易なことわざや四字熟語などについても理解し、使用することができる。

引用:http://www.hangul.or.jp

りこりあ
りこりあ
簡単に言うと、留学前にある程度はできるようになってました。

私が趣味で韓国語を始め、基礎が固まってきたあたりで韓国留学を考え出したのと、資金集めを一から始めたのとで、韓国留学を決意してから実現するまでにちょっと時間がかかってしまったんですね。なのでたぶん、留学前に勉強する時間は多かったほうだと思います。

語学堂での最初のクラス分けでは4級になりました。6級が最高級になるので、高級寄りの中級ですね。級が6段階に分けられている語学堂(主に大学付属の語学堂)に通う場合は、TOPIKの級が目安となると考えてよさそうです。

当時の私は韓国で日常生活を送る分には特に問題もなく、ネイティブが話す内容もある程度は聞き取れていたと思います。ただ、それに対して自分の意見を細かく言えていたかというと、そこは微妙です。というのも、表現力や語彙力が大いに欠けていたからです。

語彙力はもう少し留学前に増やしておくべきだったな、とは思いましたが、表現力に関しては日々ネイティブが話す内容を聞いているうちに自分のものになっていきました。

ある程度基礎ができていたことで、現地での生活の中で効率よく生の韓国語を吸収できたんだと思います。

基礎ができていない状態で、いきなりネイティブの会話を理解することは難しいです。韓国に留学したからといって、自然と韓国語が話せるようになるわけではないのです。

私たち日本人もそうですが、韓国人も教科書通りの韓国語を使いません。でも、韓国語の基礎ができていれば応用ができるわけで、応用ができれば韓国人の話す生の韓国語にもついていけるようになります。

りこりあ
りこりあ
つまり、基礎が超大切ってことです。

 

韓国留学前に独学でどこまで実力を伸ばすべき?

これは最終的にどれくらいのレベルになりたいかによると思います。将来的に韓国で就職したいと思っていたり、韓国語を使う仕事をしたいと思っているのであれば、TOPIK3級〜4級レベルを目指して勉強しておくといいと思います。

TOPIK4級の評価基準については先にご紹介しましたが、TOPIK3級の評価基準については以下の通りになります。

日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能。

引用:https://www.kref.or.jp/

りこりあ
りこりあ
独学で十分習得可能です!

TOPIK3級〜4級レベルを基準にすべき理由は、まずはビザの関係です。ビジネスレベルの韓国語を目指す場合、6級を履修し卒業するまで語学堂に通うことになると思います。

長期で語学堂に通うとなると、ほとんどの方が「一般研修(D-4)ビザ」または「ワーホリ(H-1)」を取得するかと思いますが、どちらのビザも有効期間は最長1年間です。

大学付属の語学堂は、1学期が約3ヶ月です。ビザを期限いっぱい使ったとして、語学堂に滞在できるのは4学期間になります。つまり、ストレートで進級できたとしても、4級分しか通えないことになります。

その期間に6級まで履修し卒業を目指すとなると、最低でも3級からスタートできるようになっておくべきなんですね。

D-4ビザの場合、最大半年間(つまり2学期分)延長することができるそうです。それなら1級から6級まで通えるのでは?と思うかもしれませんが、残高証明書の発行が必要だったり追加で授業料を払わなければならなかったり…。まとまったお金が必要となるので、お金に余裕がない限りは難しいんじゃないかなと思います。

ワーホリビザも延長することはできますが、最大1ヶ月。1学期分にも満たないため、そのまま語学堂に通い続けることはできません。

また、TOPIK3級〜4級レベル、つまり中級レベルの実力を持って留学生活を始めると、韓国語の実力が飛躍的に伸びる可能性が高いです。

ある程度は理解できているので、ネイティブの話し方やネイティブがよく使う表現などがすいすいと頭の中に入ってきます。理由は、すでに応用力が身についているからです。

これが基礎がまだ不安定な初級レベルだと、ネイティブの話す内容はまず理解できないでしょう。むしろ教科書とは全然違う韓国語に戸惑わされるだけだと思います。

たまに赤ちゃんのようにスポンジのごとく外国語を吸収していく人がいますが、そんな人は一握り。外国語の習得は普通、努力の上に成り立つものです。

繰り返しますが、本当に基礎が大切です。

「早く韓国語を話せるようになりたいので近道を教えてください」という質問をよく頂きますが、コツコツと基礎を固めるのがなによりの近道だと思います。

でもこの「基礎を固める」という作業、正直、日本でも十分にできるんですよね。むしろ、全く分からないゼロの状態で韓国語のシャワーを浴びるより、日本語で日本人向けに作られた韓国語テキストを日本でやりこむほうが効率的じゃないでしょうか。

私は、留学は「アウトプットの場」として活用するべきだと思っています。どんどんネイティブと関わり、これまでインプットしてきたものをアウトプットしていく…。地道に培ってきた知識があれば、驚くほどすぐに話せるようになります。

時間が限られた「留学」という貴重な期間を、ひたすらインプットに費やすのはもったいない気がしませんか?具体的にTOPIK3級〜4級レベルを、といいましたが、できるところまで自力でのばしておくに越したことはありません。

日常生活レベルの韓国語の習得が目標という方は、逆にここまでストイックになる必要はないと思います。ハングルの読み書きさえできていれば、授業についていくことは可能です。

 

韓国語が全く分からない状態での韓国留学は無謀?

「韓国語が全く分からない状態」というのは、基本的な挨拶表現も、ハングルの読み書きも、本当になにも分からない状態のことです。この状態で韓国留学をするのは、無謀というか、いろんな面で苦労すると思います。

語学堂の先生たちは、韓国語教育のプロです。先生たちは韓国人で、初級レベルでも韓国語を使って授業が行われます。でも、挨拶も知らない、ハングルの読み書きもできない、となると、どれだけ先生がいい授業をしてくれたとしても、ついていけるはずがありません。

アルファベットを知らずに英語留学ができると思いますか?韓国語学習においても、ハングルの読み書きは必須です。読むのに時間がかかっても、すらすらと書けなくても大丈夫です。最低でも留学前にハングルの読み書きはできるようになっておきましょう。

 

韓国留学前におすすめの韓国語勉強法

  1. テキストで文法と単語を覚える
  2. オンラインレッスンで会話練習
りこりあ
りこりあ
シンプルにこれだけです。

私も当時はどんな風に勉強していいか分からず、とにかくいろんなものに手をつけました。その中で効果があったのがこの2つで、またこの流れがよかったんだと思っています。

テキストで文法と単語を覚える

(ハングルの読み書きができるのを前提として)まずは初級のテキストを買いましょう。テキスト選びのポイントとしては、中級版のあるシリーズものを選ぶこと。シリーズものだと流れが同じ場合が多いので、勉強しやすいです。

文法=テキスト、単語=単語帳、というイメージがあるかと思いますが、最初はテキストだけに絞りましょう。テキストに出てくる単語だけでも、かなりの数があります。まずは、テキストの単語を徹底的に覚えることに集中するのをおすすめします。

初級のテキストを1周終えたらもう1周、できればさらにもう1周やり直します。初級のテキストには発音変化や変則ルールなどややこしい説明がたくさん出てきます。これが後々会話力に響いてくるので、しっかりと理解できるまでやりこみましょう。

初級のテキストを終えたら、次は同じシリーズの中級テキストに入りましょう。これも同じ要領で進めてください。このテキストも2〜3周終えるまで、ほかの単語帳や会話フレーズ集などに手をつける必要はありません。

りこりあ
りこりあ
テキストでお悩みの方は、この「基礎から学ぶ韓国語講座」というシリーズがおすすめです。とても分かりやすく内容もおもしろいので楽しく勉強することができます。私もこのテキストを使って勉強しました!

どちらもCD付きなので、文法や単語だけでなく、リスニング力も鍛えることができます。発音や抑揚を意識しながらシャドーイングをしてみるのも効果的です。

 

オンラインレッスンで会話練習

中級のテキストまで終えてみると、もうある程度の知識はついているはずです。初級・中級のテキストそれぞれの内容がしっかりと頭に入っていれば、基本的な文法はすでに理解できているはずですし、それなりの語彙力もあるはず。

あとは、肝心の会話です!

グループ制の韓国語スクールだと発言の機会が少ないですよね。マンツーマンのカフェレッスンなんかもありますが、授業料が高い上にカフェでの授業なのであまり集中できません。

りこりあ
りこりあ
そこでおすすめなのがオンラインレッスン

主にスカイプを使って授業を行うのですが、マンツーマンなのに授業料がかなり安いのが特徴。パソコンさえあればいつでもどこでも授業を受けることができるので非常に便利です。

私はこのオンラインレッスンで、会話力がかなり伸びました。留学前の私は、机に向かっての勉強ばかりだったので会話力が全然なっていなかったんです。留学前に少しでも改善しておきたいと思い試しにオンラインレッスンを受けてみたのですが、これがすごく効果的で!

日本語を話せる先生ばかりなので、困ったときには日本語でサポートしてもらえます。授業料が安いので、週に何度も受講していました。日々フリートークをしているうちに「韓国語で会話する」ということに慣れ、ネイティブと会話する勇気も持てるようになりました。

りこりあ
りこりあ
誰でも思いつくような勉強法ですが、この方法で地道に頑張れば、確実に韓国語力は身につきます。コツコツと地道に基礎を固めることが上達の近道です。

 

さいごに

いかがでしたか?

韓国留学前の韓国語の実力、韓国留学前に目指すべきレベル、そしておすすめの韓国語勉強法についてご紹介しました。

「早く話せるようになりたい」という思いからあれもこれもと手を出したくなる気持ちは分かりますが、なによりも基礎!なんどもなんども言いますが、とにかく基礎が大事です。

日本にいる間に焦らずしっかりと基礎を固めておくことによって、いざ韓国に留学したときに飛躍的に韓国語力が伸びるはずですよ!

あわせて読みたい
【韓国留学を決意した理由】韓国留学を迷っているなら踏み出そう!韓国が大好きな人たちの中には「韓国留学」に興味を持っている人、また本気で考えている人、行きたいけど迷っている人もたくさんいるのではないか...
あわせて読みたい
韓国留学 お金ない
【韓国留学】効率的に留学資金を貯める方法【お金がなくても諦めるな】 韓国留学したいけど、お金がありません。諦めるしかないんでしょうか。 REKOREA 公式LINE@にて韓国に関する質問...
ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(27)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。

LINE@で韓国情報をGET

REKOREA 公式LINE@で、韓国情報をいち早くゲットしませんか?韓国に関するご相談&ご質問も受付中!記事のリクエストもお気軽にどうぞ♡

@友だち追加