語学留学・ワーホリ

【韓国留学体験談⑯】漢陽大学語学堂の授業内容・学校生活・韓国語力の伸びは?

漢陽大学 語学堂

韓国留学(語学留学)体験談第16弾!今回は多国籍で日本人比率の低い「漢陽大学語学堂」についてです。

ワーホリビザの年齢制限に達するのを機に韓国留学を決意したという、86年生のMさんにお話を伺いました。学生たちの授業に対する姿勢が魅力的!落ち着いた環境で勉強に取り組みたいという方、必見です。

韓国語学堂の留学準備

韓国留学を決めた理由

元々韓国が好きで、月1ペースで韓国旅行を楽しんでいました。そうしているうちに、実際に韓国で生活してみたいと思うようになったんです。ワーホリビザの年齢制限がギリギリの年齢ということもあり、今しかない!と思い踏み出すことを決意しました。

あわせて読みたい
【完全版】韓国ワーホリビザの年齢・費用・必要書類・活動計画書の書き方は?「韓国留学」 韓国好きであれば、誰でも一度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか。 最近では韓国留学をする人の数もぐん...

漢陽大学語学堂を選んだ理由

まずは日本人が多すぎず少なすぎず、他国の生徒も中華圏だけでなく欧米、北米とグローバルなところに惹かれました。

スピーキング、リスニング、筆記、読解をまんべんなく学ぶことができるという授業スタイルに惹かれたのも、漢陽大学語学堂を選んだ理由のひとつです。

韓国留学に備えて準備した資金

250万円程度を用意しました。

利用した韓国留学エージェント会社

SEAC韓国留学さんに全てお願いしました!

漢陽大学語学堂での学校生活

漢陽大学語学堂に通った期間

2018年3月から5月まで、春学期の1学期間通いました。当時31歳で、2級からのスタートでした。

漢陽大学語学堂のレベルテスト

筆記テストに関しては、1〜2枚目が1級レベル、3枚目が2級レベルの内容だったと思います。インタビューテストもあったのですが、名前や出身地、どこで韓国語を勉強したか、なぜ韓国語を勉強しようと思ったか、いつまで韓国語を勉強するつもりか、韓国の何が好きか、趣味は何か、何でここまで来たか、このような内容を質問されました。

漢陽大学語学堂のクラス構成

最初は午後クラスだったのですが、1週間で午前クラスに変更してもらいました。

午後クラスのときは、日本人2人、ベトナム人2人、あとはロシア人、香港人、台湾人、中国人、モンゴル人、アメリカ人、フランス人、アイスランド人が各1人ずつで計12人のクラスでした。

午前クラスのときは、日本人は1人。中国人5人、モンゴル人4人、ウズベキスタン人3人、ベトナム人1人の計14人でした。

漢陽大学語学堂の場合、全体的に見ると中華圏よりもベトナム、モンゴル、ウズベキスタンあたりの国籍が多いように感じました。

漢陽大学語学堂の授業内容

1〜2時間目は、その日に学習する文法の説明に加えて筆記の時間があります。3時間目はリスニング、4時間目は読解という授業構成になっています。

1日1課ペースで進んでいくため、毎日3〜4つの文法と30〜40個の単語を学習します。

漢陽大学語学堂のテスト出題内容

リスニングと読解のテストは、TOPIK(韓国語能力試験)のような形式の4択問題がメインとなっています。筆記テストでは、選択問題や長文作文問題などがありました。スピーキングテストは、ペアでの発表、インタビュー、イヤギ(話)という内容でした。

ペアでの発表は、クラスメートとペアになり教科書の対話文を暗記し、先生の前で発表するというものです。イヤギではカードを引き、そこに書かれているテーマに沿って話をするというものでした。家族の紹介、好きな料理の作り方、死ぬところだった話など、テーマの内容はさまざまです。学習した文法を使い、いかに話をまとめて話をできるかが採点の基準となっています。

2級では定期テスト以外にも授業中に発表のテストがありました。中間テストと期末テスト前にそれぞれ2回ずつ。そのときのテストの評価も定期テストの点数に加算されました。

漢陽大学語学堂のテスト対策

私は筆記よりもスピーキングが苦手だったので、教科書の対話文を必死に暗記しました。大変でしたが、丸暗記することによって文法をしっかり覚えることができました。

あとは、韓国人の友達と韓国語で話す機会を多く持つようにしていましたね。

漢陽大学語学堂での韓国語力の変化

漢陽大学語学堂に通って韓国語力は伸びた?

語学堂は初級で辞めてしまっているため、実力が伸びたのかどうか自分ではあまり実感することができませんでした。ただ、語学堂に通ったあとに日本で韓国語を教えてくれていた先生と再会する機会があったのですが「留学する前と全然違うよ!」と言ってくださいました。

漢陽大学語学堂の施設・学食・アクセス

学校施設の充実度

漢陽大学は、大学内に地下鉄が通っているのでアクセスは本当に便利でした。しかも出口から一番近い建物が語学堂のある国際館だったので、徒歩30秒ほどで到着するんです。

大学の敷地内には、学食、コンビニ、カフェ、銀行、病院、美容室など、生活に必要な便利施設はなんでも揃っていますよ!

学食の充実度

国際館には学食はないのですが、すぐ隣の建物に入っていたので便利でした。私が知る限りでは、大学内には4ヶ所の学食があります。もしかしたらまだ多いかもしれません。2500ウォンから5000ウォン程度なのですが、値段の割にはおいしかったですよ!

漢陽大学語学堂周辺の施設の充実度

漢陽大学から歩いて10分ほどのところに「往十里(ワンシムニ)駅」があります。その周辺には、食堂やカフェ、マート、カラオケ、ビリヤード場などがあり、とても充実しています。

漢陽大学語学堂へのアクセス

最寄駅は地下鉄2号線漢陽大(ハニャンデ)駅の2番出口です。語学堂までは徒歩30秒〜1分ほどでアクセスすることができます。

漢陽大学語学堂に通ってみて

漢陽大学語学堂に通って良かったと思うこと

漢陽大学語学堂では、文化授業や級ごとで開催される行事が用意されており、クラスメートと仲良くなりやすい環境だったように思います。漢陽大学の語学堂生はみんな真面目で、遅刻や欠席もほとんどないですし、授業にも真剣に取り組む子たちばかりでした。漢陽大学語学堂は、落ち着いた環境で勉強できるところだと思います!

また、勉強は勉強、遊びは遊びとしっかりとけじめをつけているため、クラスメートとカラオケやビリヤードをして楽しんだり、ごはんに行く機会も多かったです。

先生と生徒の距離も近く、宿題が分からないときなど、カカオトークで質問に答えてくださいました。語学堂は辞めてしまいましたが、今でもクラスのグループカカオでお互いの近況を報告し合っています。

韓国留学中の滞在場所

滞在場所・家賃・住み心地

漢陽大学語学堂まで地下鉄で10分ほどのところで、ワーホリビザなので現在も滞在中です。徒歩で40分ほどかかるのですが、天気のいい日には歩いて帰ったりもしました。

滞在先はエージェントさんが管理している部屋です。学費と滞在費をまとめて支払ったため、月々の家賃は分りません。

韓国留学中の日常生活

韓国留学中の平日の過ごし方

授業が終わったら宿題を済ませ、夜は友達とごはんを食べに行くことが多かったです。

韓国留学中の休日の過ごし方

友達とカフェ巡りをしたり、ごはんを食べに行ったり、ショッピングしたりして過ごしました。

韓国留学という人生の貴重な経験を通して

韓国留学を振り返ってみて

語学堂生活は終わりましたが、私は現在も韓国に滞在しています。残された時間、やりたいことを目一杯やって、満足してから日本に帰りたいと思っています。

語学堂生活は課題も多く慣れるまでに少し時間がかかりましたが、慣れてからは余裕が生まれて遊びに行く時間も増え、それなりに充実した生活を送ることができました!

これから韓国留学を目指す方へのアドバイス

日本人はスピーキングが苦手と言いますが、どれだけ積極的に韓国語を使っていくかによって変わると思います。机に向かって勉強するだけでなく、勉強した文法を使い、たくさん口に出すようにしてみてください。そうしていくうちに自然と話せるようになったり、ふとしたときにテレビの内容を聞き取れたりするようになりますよ。

韓国留学に行こうか迷っているのであれば、絶対に踏み出してみるべきだと思います。私は韓国留学に興味はあったものの、1年間もだらだらと悩んでしまったんです。でも、今では留学に来てよかったと思っています。いろいろな経験ができて、毎日が本当に楽しいです!

さいごに

いかがでしたか?

語学堂に通う理由は人それぞれです。日本人は真面目に授業に出て韓国語の習得に励む人が多いですが、正直他国の生徒は日本人ほど真面目ではありません。その点、漢陽大学語学堂の生徒は授業に取り組む姿勢が違いますね!

限られた期間でしっかりと韓国語力を伸ばしたいという方!同じ想いや向上心を持つクラスメートと一緒に頑張れるというのは本当に大きなメリットです。きっとメリハリのついた充実した語学堂生活を送れるはずですよ。

Mさん、ご協力ありがとうございました!

https://re-korea.com/interview-all/

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!2~3日以内に返信します。(手続き関係は各役所にお問い合わせください ^^)