語学留学・ワーホリ

【韓国留学体験談⑭】トトロハウスの授業内容・学校生活・韓国語力の伸びは?

トトロハウス

韓国留学(語学留学)体験談第14弾!今回は、日本人向けとして知られる私立語学院「トトロハウス」。1ヶ月の短期留学を終え、その後ワーホリで再びトトロハウスに通っているという、94年生のMさんにお話を伺いました。

短期間で効率よく韓国語を学びたい方、初めての海外生活に不安がいっぱいな方、要チェックです!

韓国語学堂の留学準備

韓国留学を決めた理由

韓国ドラマやK-POPに興味があり、字幕や通訳なしで韓国語を理解できるようになりたいと思ったのがきっかけでした。以前から独学で勉強はしていたのですが、それに限界を感じたのもあり、韓国留学を決意しました。

実際に現地に行くことで、韓国語はもちろんのこと韓国の文化も学ぶことができるので、その点もとても魅力的に感じました。

トトロハウスを選んだ理由

短期での韓国留学を考えたときに、短時間で効率よく韓国語の実力を伸ばすことができ、会話中心の授業を行ってくれるところはないかと探していました。そこで、1ヶ月で1レベルを修了でき、会話中心で授業が進むトトロハウスを見つけ、通うことを決めました。

トトロハウスは弘大に位置しているのですが、その立地条件のよさも決め手となりました。

韓国留学に備えて準備した資金

1ヶ月の短期留学の際は、30万円程度。今回は1年間のワーキングホリデーということで、200万円程度を用意しました。

利用した韓国留学エージェント会社

初めてのときは韓留ガイドさんにお願いしました。

トトロハウスでの学校生活

トトロハウスに通った期間

2016年9月に1ヶ月間、そして2018年4月から再び通い始め、現在3ヶ月目です。2A(2級)からスタートしました。

トトロハウスのレベルテスト

トトロハウスの授業で取り扱う文法が中心の筆記テストが出題されました。動詞や形容詞を活用する問題や、穴埋め問題、文章作成問題などが多いです。パソコンで入力して提出することもできます。

トトロハウスのクラス構成

1クラスに多くて6人〜7人程度の少人数制となっています。国籍は全員日本です。

トトロハウスの授業内容

西江大学語学堂のテキストを使い、1単元ごとに、文法→スピーキング→読解→リスニングという流れで授業が進んでいきます。

毎日テキストの内容に入る前に、休日をどのように過ごしたか、またその日の予定などを韓国語で話す時間が設けられます。先生が韓国の文化について紹介してくれたりもします。

トトロハウスのテスト出題内容

級にもよるのですが、ひとつの単元が終わるごとに文法や単語の筆記テストが行われます。1ヶ月の最後の授業日には、これまで勉強してきた文法を中心とした筆記テストが行われます。

トトロハウスのテスト対策

単語テストは事前に先生から出題範囲についての説明があるので、早めに取り掛かるのをおすすめします。単純に単語の意味を答えるだけではなくその単語を使った文章作成問題もあるので、自分で文章を作る練習をしておくといいと思います。

まとめの筆記試験は、1ヶ月で学習した文法をテキストやプリントなどを見てしっかりと復習さえしておけば大丈夫です。

トトロハウスでの韓国語力の変化

トトロハウスに通って韓国語力は伸びた?

大学付属の語学堂よりも速いスピードで授業が進むため、大変ではありますがその分実力の伸びも早いように思います。

少人数での授業なので発言の機会も多く、以前よりも自分から積極的に発言していこうという気持ちが強くなりました。

トトロハウスの施設・学食・アクセス

学校施設の充実度

すごく広いというわけではありませんが、一般教室に加え個人レッスンの教室や自習室なども設けられています。清潔感もあり、アットホームな雰囲気の校内です。

学食の充実度

学食はありませんが、弘大という好立地ということもあり、トトロハウスの下には3000ウォン程度で食べることのできる食堂がたくさん集まっています。

トトロハウス周辺の施設の充実度

学生や外国人観光客が多く集まる弘大の中心地にあるため、周辺にはおいしい韓国料理屋さんや安い服屋さんなどがたくさん立ち並んでいます。おしゃれなカフェも多いので、友達と勉強するのにもいい環境です。新村や梨大も近く、なんでも揃う便利な場所です。

トトロハウスへのアクセス

最寄駅は地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)駅です。9番出口を出て徒歩5分ほどでアクセスすることができます。

トトロハウスに通ってみて

トトロハウスでの学校生活を振り返って

初めての1人での海外生活は不安が大きかったのですが、クラスメートが全員日本人ということもあり安心感がありました。日本人同士で固まるのはよくないなどと言いますが、同じ日本人でも出身が全く違ったりするので、新しい出会いがあるのはいいと思います。

トトロハウスには日本語を勉強している韓国人も通っているため、月に一度のペースで日韓交流会が開かれます。地元韓国人と交流ができ、とても楽しかったです。

トトロハウスに通って良かったと思うこと

先生方が、韓国語を学習する上で日本人が苦手とする部分や得意とする部分など、特徴をよく理解してくれています。それに沿って授業を進めてくれるため、効率よく学ぶことができたと思います。

他校を羨ましく思ったこと

大学付属の語学堂を羨ましく思うことはありました。トトロハウスは日本人ばかりですが、語学堂だとさまざまな国籍のクラスメートと一緒に過ごせますよね。いろいろな国に友達ができるというのはいいなと思います。

韓国留学中の滞在場所

滞在場所・家賃・住み心地

家賃40万ウォンから55万ウォンのコシウォンに住んでいました。初めて住んだときにはその狭さに驚きましたが、1ヶ月も住んでみるといつの間にか慣れていることに気が付きました。

光熱費や管理費なども全て家賃に含まれていますし、ごはんやラーメンをいつでも無料で食べることもできます。最初は不便かもしれませんが、慣れてしまえばコシウォン生活も悪くありませんよ。

滞在場所はどのように決めた?

初めてのときは、語学院の手配と合わせて韓留ガイドさんにお願いしました。その後は、日本人向けの不動産(テソン不動産さん、SQUAREさん)にお願いしました。

韓国留学中の日常生活

韓国留学中の平日の過ごし方

10時から13時まではトトロハウスで授業を受け、夕方からはアルバイトをしていました。

韓国留学中の休日の過ごし方

友達とソウル観光を楽しんだり、ショッピングに出掛けたり。韓国語の勉強もしましたよ。

韓国留学という人生の貴重な経験を通して

韓国留学を振り返ってみて

実際に韓国に来て勉強することによって、韓国語だけではなく本当に多くのことを学び経験することができたと思います。

韓国に住み始めてから、韓国のことについて知ることができたのはもちろんのこと、外から見ることで日本について初めて気付くことも多くありました。

海外に1人で行くのは心細く不安も大きかったのですが、留学を通して得ることができるものがこんなにも多いとは思っていませんでした!

これから韓国留学を目指す方へのアドバイス

韓国留学を検討している方は、なにかしら目的や目標を持って行くことをおすすめします。なぜなら、留学に行ってただ「楽しかった」だけで終わってしまうのは非常にもったいないと思うからです。

せっかく行くのであれば、自分は留学後にどうなりたいのか、何を学んで帰ってきたいのか、そのあたりを明確にしておけば留学生活がもっと充実したものになるはずです。

もしも今留学を迷っているのであれば、ぜひ一歩踏み出して、韓国留学に行ってみてほしいと思います!

さいごに

いかがでしたか?

日本人向けの私立語学院「トトロハウス」。日本人が多いだけではなく日本人の得意不得意に合わせた授業を行ってくれるため、短期間でも効率よく実力を伸ばすことができるようになっているようですね!

語学堂や語学院を選ぶ際、日本人が多い環境を避けようとする人も多いですが、Mさんの言う通り日本人同士であっても貴重な出会いとなるはずです。それに、不安でいっぱいの海外生活も、同じ日本人がいれば安心感もあるし心強いですよね。

Mさん、ご協力ありがとうございました!

今回ご協力頂いたMさんのInstagramもチェックしてみてくださいね。

https://re-korea.com/interview-all/

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!2~3日以内に返信します。(手続き関係は各役所にお問い合わせください ^^)