語学留学・ワーホリ

【韓国留学体験談⑧】高麗大学韓国語学堂の授業内容・学校生活・韓国語力の伸びは?

高麗大学 語学堂

韓国留学(語学留学)体験談第8弾!「韓国の早稲田大学」と言われる「高麗大学」の語学堂についての体験談です。キャンパスの美しさと落ち着いた雰囲気が最大の魅力!今回ご協力頂いたのは、韓国人彼氏との国際結婚を機に留学を決意したという、88年生のNatsumiさん。静かな環境で勉強に打ち込みたいという方は特に必見です。

韓国語学堂の留学準備

韓国留学を決めた理由

オーストラリア留学時に出会った韓国人彼氏との結婚を前に、その準備として韓国に留学することを決めました。結婚後は韓国で生活する予定で、韓国語を習得し韓国の文化や習慣を学ぼうと思ったからです。

高麗大学韓国語学堂を選んだ理由

特別な理由があるわけではないのですが、決め手となったのは午後クラスがあるという点と立地条件でした。また高麗大学は名門校なので、学生数も多く安心して通うことができると思いました。

補足

高麗大学語学堂は最初の1学期は基本的に午後クラスへの配属となります。午後クラスへの申請は可能ですが、高確率で午後クラスとなるそうです。

韓国留学に備えて準備した資金

留学期間は半年間を予定しており、学費90万円、生活費60万円の合計150万円程度を準備しました。

入学前から高麗大学の奨学金を狙っていたため、初めは2学期分だけを申請しました。そして奨学金をもらい、もう1学期延長して通いました。

生活費に関しては、彼氏との同棲生活を始めることを前提としているので、かなり少ない方かもしれません。

利用した韓国留学エージェント会社

エージェントは利用せず、入学手続きは個人で行いました。高麗大学は大きな大学ということもあり、日本人スタッフさんが数名いらっしゃいます。メールのやりとりも日本語だったのでスムーズに手続きを進めることができました。入学関連の書類も日本語のものが用意されていたので、その点も問題ありませんでした。

高麗大学韓国語学堂での学校生活

高麗大学韓国語学堂に通った期間

2017年3月から2017年11月までの3学期間です。1級からのスタートでした。

高麗大学韓国語学堂のレベルテスト

一枚の紙に自己紹介を書くように指示されます。そして、記入した生徒だけ先生と1対1での面接が行われます。オリエンテーション終了後にテストが行われるのですが、学生数が多いためその分待ち時間も長くなります。中には待ちきれず、何も記入せずに帰ってしまう生徒もいるようです。

面接では、簡単な自己紹介や、いつ渡韓したのか、また韓国で何をしたいかなどを聞かれます。当時は韓国力がゼロだったので確かではありませんが…。笑

高麗大学韓国語学堂のクラス構成

1級の時のクラスメートの国籍は、中国人、香港人、台湾人、フランス人、アルゼンチン人、ベトナム人。全部で12人程度でした。2級の時もまた国籍豊かで、中国人、モンゴル人、アメリカ人、ウズベキスタン人、ベトナム人、ナイジェリア人の15人程度。3級になると、ほとんどが中国人とベトナム人でした。

全体で見ると、中国人、ウズベキスタン人、ベトナム人がかなりの割合を占めています。日本人は意外と少なく、1クラスに1人程度。韓国語を学ぶのにはいい環境だと思います。

高麗大学韓国語学堂の授業内容

午後クラスの授業時間は、13時50分から17時40分まで。50分授業が4コマ行われます。テキストを基に文法や単語を学び、単元に沿って会話の練習も行われます。授業内容はこの流れがメインとなります。時々、テキスト以外のプリントを使った復習や、作文の時間もありました。

高麗大学韓国語学堂のテスト出題内容

中間テストと期末テストの内容は、読解(읽기)、筆記(쓰기)、リスニング(듣기)、スピーキング(말하기)の4種類。読解とリスニングは選択問題で、筆記は指定された文法を使用しお題に沿った作文を書くというものでした。スピーキングは2種類あり、クラスメートとペアを組んでのロールプレイと、先生との1対1での面接が行われます。

また、プレゼンテーション形式のテストもあります。クラスごとに、お題に沿った内容を5分程度で発表します。チェックされるのは、発音、文法、内容など。発表する側だけでなく、聞く側も発表の内容を理解して質問できているかを見られます。

中間テストと期末テスト以外にも、毎週月曜日の1時間目には10分程度の小テストが行われます。前週に学習した内容で、選択形式と作文形式で出題されます。

高麗大学韓国語学堂のテスト対策

授業中は先生の話を聞き漏らさないこと、分からないことは質問すること、ノートもしっかり取ること、たくさん発言して習った文法や単語を使うこと、そして毎日の予習復習!と、日頃から当たり前のことをしておけば、簡単に100点は取れます!

またワークブックも購入するのですが、直接書き込んでしまうと一度しか使うことができなくなるので、あまりおすすめしません。私は、ワークブックの内容を問題から全てノートに写して解いていました。時間も掛かるし面倒だとは思いますが、これを繰り返すことによって単語もたくさん習得しましたし、筆記も上達したように感じます。

高麗大学韓国語学堂での韓国語力の変化

語学堂に通って韓国語力は伸びた?

1級からのスタートで「안녕하세요?(アンニョンハセヨ)」しか知らなかった私ですが、留学したことでかなり上達しました。ただ、私の場合は語学堂だけでなく彼氏の影響も大きかったように思います。彼のご両親やお友達と会う機会が多かったので、生の韓国語を聞くことができたんです。現在はもう語学堂には通っていないのですが、よりリラックスして韓国語を使える環境だからか、以前よりもすらすらと話せるようになった気がします。

高麗大学韓国語学堂の施設・学食・アクセス

大学を含めた学校施設の充実度

いつも授業が終わったらすぐ帰宅していたので詳しくはありませんが、高齢大学の敷地は広くてとても綺麗です。設備も整っていると思います。時々、広すぎて迷子になったりと大変なこともありましたが…。

大学を含めた学食の充実度

実は一度も行ったことがなく、どこにあるのかも分からないんです…。笑 先生や友達の話だと、安いので味もそれなりなんだとか。大学周辺には飲食店がたくさん立ち並んでいるので、学生さんたちはそちらを利用することが多いようです。

高麗大学韓国語学堂周辺の施設の充実度

食堂、カフェ、コスメショップなどがあり、施設は充実していると思います。

高麗大学韓国語学堂へのアクセス

最寄駅は地下鉄6号線高麗大駅と安岩駅です。二駅のちょうど中間に位置しており、距離も近いのでアクセスは便利でした。

高麗大学韓国語学堂に通ってみて

高麗大学韓国語学堂での学校生活を振り返って

正直「楽しい」だけではありませんでした。限られた期間内でどこまで韓国語力を伸ばすことができるか、焦りがあったからです。また、他の学生さんたちもさまざまな理由で留学しているので、そこでの考え方の違いからストレスを感じることもありました。

しかしそれはあくまでも私の性格の問題や、年齢の違いからだと思ます。辛いこともありましたが、親切な先生方がいつも支えてくださいました。とても感謝しています。

高麗大学韓国語学堂に通って良かったと思うこと

いろんな葛藤がありましたが、そんな中で毎日一生懸命勉強に取り組みました。その成果が実り、1級の修了式では優等生代表としてステージ上で表彰され、約8万円の奨学金を頂くこともできました。また、2級修了時にも約4万円の奨学金を頂きました。

奨学金は入学前から狙っていたので、本当にうれしい出来事でした。単に韓国語が上達しただけではなく、達成感を味わえたことで自信にも繋がっていきました。

韓国留学中の滞在場所

滞在場所・家賃・住み心地

高麗大駅がある地下鉄6号線沿いのオフィステルで彼氏と同棲していました。家賃は約5万円。ワンルームですが、ロフト付きだったので快適に過ごすことができました。

滞在場所はどのように決めた?

全て彼氏にお願いしていました。渡韓前に契約も済まていたので、私は引っ越すだけでした。笑

韓国留学中の日常生活

韓国留学中の平日の過ごし方

午後クラスを受講していたので、午前は家事、午後は授業という生活を送っていました。帰宅後、食事を済ませてからはその日の復習や宿題をして過ごしました。韓国はカフェが多いので、気分転換にカフェで勉強することも多かったです。

韓国留学中の休日の過ごし方

勉強です。笑 留学前に旅行で10回は韓国に遊びに来ていたので、これ以上観光するところもなくなっていました。奨学金のことばかり考えており、常に勉強していました。

彼氏の仕事の関係もありましたが、時間がある時には近場のおしゃれカフェを巡ったり、ショッピングを楽しむこともありました。

韓国留学という人生の貴重な経験を通して

韓国留学を振り返ってみて

現在も韓国で生活しているため、留学が終わったという実感がありません。私の場合はこれからもずっと韓国で生活していくので、毎日ストイックに勉強してよかったと思います。韓国で生活するには、韓国語が出来ることが第一条件です。それがあることによって横との繋がりもでき、新しい世界を見ることができました。韓国留学は、私にとってかけがえのない時間となりました!

これから韓国留学を目指す方へのアドバイス

どんなことでも、経験した分だけ自分の糧になると思います。時間を無駄にすることなく、勉強も遊びも全力で頑張って下さい!

さいごに

いかがでしたか?

「韓国の早稲田」と言われる、有名な「高麗大学」の語学堂の体験談でした。高麗大学周辺はソウルでも比較的静かなので、Natsumiさんのように集中して韓国語学習に取り組みたいという方には特におすすめです!

また、留学中は遊びももちろん大切ですが、今後韓国で生活していきたいと考えている方は、ぜひ韓国語の勉強も両立して頑張ってください!韓国語力を身に付けておけば、Natsumiさんのように横の広がりを持つことができ、韓国生活がより充実したものになるはずです。

Natsumiさん、ご協力ありがとうございました!

https://re-korea.com/interview-all/

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(27)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。

LINE@で韓国情報をGET

REKOREA 公式LINE@で、韓国情報をいち早くゲットしませんか?韓国に関するご相談&ご質問も受付中!記事のリクエストもお気軽にどうぞ♡

@友だち追加