語学留学・ワーホリ

【韓国留学体験談⑦】西江大学韓国語学堂の授業内容・学校生活・韓国語力の伸びは?

韓国留学(語学留学)体験談第7弾!今回は「マラギ(会話)の西江(ソガン)」と言われる韓国語学堂「西江大学語学堂」についての体験談です。悩みの末、25歳で留学を果たしたKikiさんにお話を伺いました。特に会話力を伸ばしたいとお考えの方、必見です!

韓国語学堂の留学準備

韓国留学を決めた理由

韓国語に興味を持ち始めたのは大学2年生の時でした。しかし、当時は管理栄養士の資格取得課程を専攻し多忙な毎日を送っていたため、韓国語の勉強は諦めていました。

そして管理栄養士の資格を取得し、そのまま管理栄養士として働きながらも、韓国語を勉強したいという気持ちを忘れられずにいました。独学で勉強しようと試みてみたものの、仕事で毎日忙しくろくに勉強時間を取ることもできませんでした。

毎日仕事ばかりしているうちに、同じことを繰り返す日々がつまらなくなり、このままではいけないと感じるようになりました。たった一度切りの人生、自分のやりたいことをして過ごそうと思ったのです。そして2015年、24歳の夏に韓国留学を決意しました。

西江大学韓国語学堂を選んだ理由

韓国留学を決意したあと、ネットやブログで語学堂についてたっくさん調べました。本当にたくさん。いろんな方のブログを読み漁り、韓国留学エージェント会社のホームページなども参考にしました。

初めは、日本人が少ない語学堂がいいな…と考えたりもしましたが、最終的には日本人の割合ではなく「韓国語の実力をどれだけ伸ばせるか」というところに重点を置きました。その結果、会話に注力しているという点から西江語学堂に通うことを決めました。

語学堂を選択する際はつい日本人の割合を気にしてしまいがちですが、自分が置かれた環境でいかに努力するかが問題だと思います!

韓国留学に備えて準備した資金

200万円弱を用意しました。

実際に韓国で生活してみて、お金はあればあるほどいいと実感しました。以前は安いと言われていた韓国の物価も、今では日本と大して変わりません。韓国語の勉強だけでなく、友達と遊んで、遠出して、いろんなことを体験したり経験するのにはやっぱりお金が必要です。お金がないからと行動が制限されてしまうのはつまらないので…。

利用した韓国留学エージェント会社

aah! education​さんにお願いしました!

aah! education​さんは、韓国留学を専門としているエージェントです。エージェントを決めるのにも悩んだのですが、留学説明会に伺った際、丁寧に話を聞いてくれて対応して頂けたため、安心してこちらに決めることができました。

当初、私は6ヶ月間の語学留学を予定していたため、6ヶ月間の手続きをお願いしました。

西江大学韓国語学堂での学校生活

西江大学韓国語学堂に通った期間

2016年6月から2017年3月までの3学期間です。

韓国留学当初、私はかろうじてハングルを読めるレベルでした。そのため、語学堂は1級からのスタート。韓国語レベルがハングルを読める程度でも、全く問題なく授業に参加することができます。ただ、ある程度の読み書きができる実力があったらもっとよかったなとは思います。初めは読むのも書くのも遅く、授業についていくのが少し大変で苦労しました。

でも、入門レベルでも問題ありません!毎日授業を受けているうちに慣れてきますよ。

西江大学韓国語学堂のレベルテスト

西江大学語学堂のレベルテストでは、文法的な問題は出題されません。旅行や趣味などいくつかのお題が用意されており、その中から選択してそれについて記述するという形式でした。

それと、先生との面談形式の会話テストがあります。どのくらいの会話レベルなのかを確認するテストです。西江大学語学堂は会話に重点を置いた授業が多いため、どれだけ話すことができるかをここで見られます。

西江大学韓国語学堂のクラス構成

1クラスの人数は13人程度です。私の場合、1級では日本人3人、台湾人3人、ドイツ人1人、中国1人、香港人1人、マレーシア人1人、フランス1人、イングランド1人と多国籍でした。クラスやレベルにもよりますが、アジア圏が80%、英語圏が20%程度の割合です。

西江大学韓国語学堂の授業内容

1日に4コマの授業があります。1時間目が쓰기(筆記)、2〜3時間目が말하기(会話)、4時間目が듣기(リスニング)または읽기(読解)という構成です(毎日交互に行われます)。

쓰기(筆記)では、ひたすら1時間何かを書き続けています。レベルが上がるにつれて、長文の練習が増えてきます。テストも授業で取り扱ったお題が出題されます。말하기(会話)は、文法を学んだあとにクラスメートとその文法を使って実際に会話してみるという流れになります。듣기(リスニング)はリスニング練習、읽기(読解)は長文を読んで内容を理解するという授業です。

西江大学韓国語学堂のテスト出題内容

쓰기(筆記)のテストは先にお話しした通り、授業で取り扱ったお題が出題されます。問題数は2〜3問程度。授業で書いた内容を復習しておけば問題ありません。말하기(会話)のテストでは、その学期で学んだ文法を基に出題されます。選択式ではなく記述式です。テストの問題は返却してもらえないのであまり記憶に残っていないのですが、テスト前になると授業中に模擬テストのようなものを行ってもらえます。듣기(リスニング)と읽기(読解)も、授業で取り扱った問題を少し変えたものが出題されます。

それから、西江大学語学堂では「インタビューテスト」という会話のテストも行われます。先生と1対1で質問に答えたり、クラスメートとペアになって会話を考え、先生の前で発表したり。これにはなかなか苦労しました。ペアの相手次第でもありますが…。笑

西江大学韓国語学堂のテスト対策

そんなに難しいテストではないので、授業内容をしっかりと復習しておけば大丈夫です。テスト前になると先生がテスト対策も行ってくれるので安心してください。どんな勉強をしていたかはあまり覚えていないのですが、とりあえずスペルミスを避けるためにひたすら単語を書いて覚えていました。

西江大学韓国語学堂での韓国語力の変化

語学堂に通って韓国語力は伸びた?

韓国語力は本当に伸びたと思います。実力自体はまだまだですが、留学する前と後では天と地の差です。笑 西江大学語学堂は「マラギ(会話)の西江(ソガン)」と言われるだけあって、本当に会話に注力した授業が多いです。日常会話に役立つ授業をしてくれるので、真面目に取り組めば実力はかなり伸びると思います。

西江大学韓国語学堂の施設・学食・アクセス

大学を含めた学校施設の充実度

私が大学の施設で利用していたものは食堂と図書館くらいなので、充実しているかどうかは正直よく分かりません。でも、敷地内にあるコーヒーショップは安くて印象的でした!他の大学に行ったことがないので比べることができませんが…。

大学を含めた学食の充実度

学食は安いので、食費を抑えたいという方にはおすすめです。他の大学に比べるとメニューの充実度は劣るかと思います。

西江大学韓国語学堂周辺の施設の充実度

西江大学語学堂の周辺は、かなり充実しています!学生街の新村(シンチョン)までも歩いて5分程度です。食堂、カフェ、洋服屋さん、コスメショップ、本当に何でも揃っています。夜も遅くまで明るく賑わっているので、遊びまくっていました。笑 地下鉄2号線沿いなので、どこに出かけるにも便利です。弘大(ホンデ)も徒歩圏内です。

西江大学韓国語学堂へのアクセス

最寄駅は地下鉄2号線新村駅で、6番出口から歩いて10分程度でアクセスできます。放課後に友達と新村でごはんを食べに行ったりもできる距離です。新村や弘大に住んでいる友達もたくさんいましたよ!

西江大学韓国語学堂に通ってみて

西江大学韓国語学堂での学校生活を振り返って

「本当に楽しかった!」の一言です。語学堂に行くのが毎日の楽しみでした。1級からで周りもみんなスタートが一緒だったということもあり、とても仲良くなりました。1級からの友達とは、進級してクラスが離れても毎日一緒にごはんを食べたりして過ごしました。図書館で勉強することも。先生方もみんな親切で、授業もとても分かりやすかったです。私は全力で西江大学語学堂をおすすめします!!!

西江大学韓国語学堂に通って良かったと思うこと

新村という好立地に位置しており、飲食店やスーパーも多いので生活するのに本当に便利です。

また、私は韓国人とコミュニケーションがとれるように会話力を高めたいという想いが強かったので、西江大学語学堂の授業スタイルが合っていました。말하기(会話)の授業が本当に多く、自然と会話力が身につくようになったんです。

他の語学堂の授業を受けたことがないので比較はできませんが、私は西江大学語学堂で韓国語でのコミュニケーション能力を培うことができました。語学堂に通った期間は3学期間だけですが、3級を修了する頃には韓国人と普通に日常会話を交わせる程度まで実力を伸ばすことができました。

他校の韓国語学堂を羨ましく思ったこと

そのように思ったことは一度もありません。きっと、それだけ西江大学語学堂が楽しかったからだと思います。ただ、延世大学の学食はかなり充実しているという噂を聞いていたので、その点は羨ましかったです。一度も食べたことはないんですけどね…。笑

韓国留学中の滞在場所

2018/06/20 追記分

滞在場所・家賃・住み心地

韓国留学中の滞在場所といえば、コシウォン 、ハスク(下宿)、ワンルームのいずれかになるかと思います。滞在場所についてはかなり念入りに調べました。初めは半年間の予定だったので、まずワンルームは諦めることになりました。契約期間を1年としているところが多い上に多額の保証金も発生するからです。そして悩んだ挙句、私はコシウォンに入居することを決めました。

家賃については、初めの狭い部屋は42万ウォン、少し広い部屋に移動して45万ウォンほどでした。場所は新村のど真ん中で、さらに駅近だったということもあり、コシウォンの家賃の相場はこのくらいだと思います。

コシウォンはやっぱり狭いので、住み心地は完璧にいいとは言えませんが、慣れると意外と悪くないものです。ただ、本当に狭いです。笑 でも、外の共有スペースで洗濯物は干せるし、必要なものは全て揃っていたので生活する上で不便を感じることはありませんでした。

強いて言えば、トイレとシャワーが一緒になっているのでシャワーを浴びるだけでも一苦労だったり、友達を呼ぶこともできましたが狭すぎて座るだけでいっぱいいっぱいだったりしました。笑

韓国留学初日、実際に部屋を見たときはその狭さに驚きました。しかし、住んでいると本当に慣れてくるものです。ただ、最初の部屋はあまりにも狭すぎたので、管理人さんに相談して広い部屋に移動させてもらいました…。笑

韓国は、こういうところが便利です。相談して、部屋が空いてさえいればすぐに移動させてもらえます!特にコシウォンは1ヶ月ごとに契約できるところが多いので、住んでみて、自分に向かないと思ったら別の滞在場所を探して移動するのもありだと思います。

私は渡韓してからの家探しは不安だったので、事前に日本で決めてから行きました!でも、友達の中には数日間をホテルで過ごしながらその間に家探しをした子もいましたよ。

滞在場所はどのように決めた?

語学堂の手続きと共に、aah!educationさんにお願いして決めました。当時は私も仕事で忙しくしており、渡韓して家探しをする時間を持てなかったからです。まず韓国語が出来なかったので、韓国で自分で契約することが困難でした。

自分の考えている予算と条件などをエージェントさんに伝え、希望に合わせていくつかのコシウォンを紹介してもらい、その中から自分で選んで決めました。渡韓後に決めるのもありだと思いますが(数日間はホテルなどで過ごしながら)それはある程度の韓国語力を持っているか、または韓国人の知り合いがいれば可能だと思います。賃貸契約はやっぱり難しいので…。それなりに韓国語力を身に付けてから引っ越しする人も多かったですよ!

あわせて読みたい
韓国国内で引っ越したら「住所変更申請」を!手続き方法や必要書類とは?韓国で生活していると、国内で引っ越すことになるなんてこともあるかもしれません。私たち外国人が韓国国内で引っ越しをしたら、必ずしなければな...

韓国留学中の日常生活

韓国留学中の平日の過ごし方

平日は毎日授業がありますが、9時から13時までなのでそのあとは自由でした。なので、放課後はクラスメートで新村付近でごはんを食べたり、大学の食堂でごはんを食べて図書館で勉強や宿題をしたりして過ごしました。ほとんどの時間をクラスメートと過ごしていたように思います。

また、韓国で知り合った日本人の友達と会って、カフェ巡りをしたり新村や弘大で遊んだりもしました。

韓国留学中の休日の過ごし方

休日はショッピング(主に洋服)を楽しみました。地下鉄に乗り、よく高速ターミナルの地下街(GO TO MALL)に行きました。カフェ巡りもしましたよ。当時お付き合いしていた韓国人の彼がいたため、ごはんを食べたり、出かけたり、勉強を教えてもらうこともありました。

夏の時期だったので、夏にできることをたくさん体験しました!漢江でチメッやサイクリングを楽しんだり、束草(ソクチョ)の海まで遊びに行ったり、汝矣島の花火大会なんかも。(冬にも韓国にいたんですけどね…)とりあえず、休日は必ず誰かと会って出かけてました。

韓国留学という人生の貴重な経験を通して

韓国留学を振り返ってみて

韓国留学は、自分の人生の財産になったと思います。韓国に行かなかったら、きっと今の自分はありませんでした。留学中、いろんな国の人と出会い、いろんな考え方に触れました。もちろん、韓国についてもたくさん学びました。

異国の地での一人暮らし、私は本当に楽しかったです。友達もたくさんできました。日本にいたら、きっと外国人の友達と出会う機会もなかったでしょう。

語学堂での勉強ももちろんですが、授業以外で得たことも多く、留学前よりもさらに韓国が好きになりました。今では言葉も通じるので、旅行も前よりずっと楽しいです。

ちなみに、語学堂には先生以外の韓国人がいません。笑 そのため、実際韓国人と接する機会はほとんどありません。語学堂では基本的に外国人の友達と韓国語で会話するだけ。なので、プライベートの時間で韓国人の友達を作ることが本当に大切です。韓国人と接しながら、自然な言い回しや文法の使い方など学ぶことが多いので…、韓国人の友達を作るというのはなかなか難しい問題ですが、頑張ってください!

これから韓国留学を目指す方へのアドバイス

もし、韓国留学をしたいけどどうしようかと迷っている方がいたら、とりあえず、どうにかして挑戦してみることをおすすめします!やりたい気持ちがあるのなら、きっといつまでももやもやしてしまうと思うんです。私もそうでしたが、一度きりの人生だから後悔はしたくないと思ったんです。だから、自分でお金を貯めて、留学をしました。

人それぞれ生活環境も異なり、いろんな問題があるかと思います。ですが、一度勇気を出して海外に行くと、日本ではできない貴重な経験をすることができます。韓国人はもちろんのこと、他の国の人たちともたくさん交流ができますからね。そのおかげで、自分の知識もたくさん増えたように思います。

留学の先には、日本では学べないこと、経験できないことがたくさん待っています。自分のこれからの人生にも大きく繋がります!私は韓国語を学んだことで今の仕事に就くことができましたし、この経験を生かすことができています。

一歩踏み出せば必ず何かが変わりますし、絶対に何かを得ることができると、私は思います。韓国留学を迷っている方、諦めずに頑張ってください!

さいごに

いかがでしたか?

会話に注力していることで有名な「西江大学語学堂」についての体験談でした。他の語学堂よりも会話授業が多く「マラギの西江」と言われているのにも納得です。何よりもコミュニケーション力を伸ばしたいという方には特に魅力的ですよね。

また、Kikiさんのメッセージは韓国留学に悩んでいる方の胸に強く響いたのではないかと思います。私も韓国留学経験者として、迷っている方は勇気を出して一歩を踏み出してみることをおすすめします!Kikiさんの言う通り、必ず得るものがありますし、自分の人生において大きな財産となること間違いありません。

あわせて読みたい
【韓国留学を決意した理由】韓国留学を迷っているなら踏み出そう!韓国が大好きな人たちの中には「韓国留学」に興味を持っている人、また本気で考えている人、行きたいけど迷っている人もたくさんいるのではないか...

Kikiさん、ご協力ありがとうございました!

今回インタビューにご協力頂いたKikiさんのInstagramもチェックしてみてくださいね。

https://re-korea.com/interview-all/

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(27)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。

LINE@で韓国情報をGET

REKOREA 公式LINE@で、韓国情報をいち早くゲットしませんか?韓国に関するご相談&ご質問も受付中!記事のリクエストもお気軽にどうぞ♡

@友だち追加