韓国映画・ドラマ

【韓国映画】「毒戦」のあらすじ・評価・感想まとめ【リュ・ジュンヨル主演】

韓国映画 毒戦

公開からわずか5日で100万人動員!韓国映画最高記録を突破した話題の大ヒット映画「毒戦」。幽霊麻薬組織の実態をめぐる戦いが描かれた犯罪アクションです。そんな「毒戦」のあらすじ・評価・実際に見た感想をまとめました。

韓国映画最高記録を突破!大ヒット映画「毒戦」

韓国映画 毒戦出典:http://entertain.naver.com/

2018年5月22日に公開した韓国映画「毒戦」。アジアを支配する大規模な幽霊麻薬組織をめぐった戦いを描いた犯罪アクション映画です。

韓国映画 毒戦出典:http://www.newstomato.com/

公開5日目で100万人、8日目で200万人、さらには12日目300万人もの観客動員数を突破。いずれも今年の韓国映画最短記録となりました。(2018/06/11現在:455万人)

2018年公開の韓国映画のうち、最高興行記録を保持していた「それだけが私の世界」の記録も打ち破り、新記録を更新している今大注目の映画なんです!

あわせて読みたい
イ・ビョンホン主演「それだけが私の世界」が笑いと感動の詰まった最高の映画だった!2018年1月に韓国で公開されたイ・ビョンホン主演の映画「それだけが私の世界」。笑いと感動の連続で心温まる映画だと韓国中で注目を集めまし...

韓国映画「毒戦」はリュ・ジュンヨルの代表作に

韓国映画 毒戦出典:https://blog.naver.com/

韓国映画「毒戦」は、リュ・ジュンヨルの代表作になったとも言われています。リュ・ジョンヨルといえば、ここ数年で注目を集めている演技派俳優。2017年の大ヒット映画「タクシー運転手」や、2015年の大ヒットドラマ「応答せよ1988」にも出演していたので、知っている方も多いのではないでしょうか。Girl’s Dayのヘリと熱愛報道が出たことでも話題になりましたよね。

あわせて読みたい
日本公開決定!2017年夏公開の韓国映画「タクシー運転手」「青年警察」がアツい!ついついはまりこんでしまうような魅力を持つ韓国ドラマですが、韓国の映画にも注目してみてください。この夏公開の韓国映画がとってもアツイんで...

会見時の写真撮影にピースで応えているのがかわいいですね。二枚目俳優ではありませんが、演技力がずば抜けて高い。作品中での彼の話し方、雰囲気、表現力に、ついつい引き込まれてしまいます。リュ・ジュンヨルの魅力に気付いた方は、きっと彼のことを「かっこいい」と思っていることでしょう。いやもう本当、かっこいいんですよ!

韓国映画 毒戦出典:https://blog.naver.com/

韓国映画「毒戦」は演技派俳優が揃う豪華キャストとなっていますが、その中でも格別な魅力で観覧客を魅了したのがリュ・ジュンヨルではないでしょうか。映画の内容もそうですが、彼の素晴らしい演技力に釘付けになること間違いなし!

リュ・ジュンヨルが出演する映画やドラマはいくつか見たことがありましたが、これほどまでに彼の演技力が発揮された魅力的な映画はこの「毒戦」が初めてだったように思います。リュ・ジュンヨルのファンの方にもそうでない方にも、ぜひ見て頂きたい作品です。

故キム・ジュヒョクの遺作でもある韓国映画「毒戦」

韓国映画 毒戦出典:https://blog.naver.com/

韓国映画「毒戦」は、2017年10月30日に交通事故によって亡くなった俳優、故キム・ジュヒョクの遺作となったことでも知られています。彼の突然の死は、韓国はもちろんのこと日本のファンにも大きな衝撃と悲しみを与えました。名優キム・セウンの二世俳優として登場したキム・ジュヒョクでしたが、その素晴らしいセンスと実力で韓国映画界を背負うほどの存在に。死後には「韓国人が好きな映画俳優」1位にも選ばれていました。

韓国映画 毒戦出典:http://www.munhwanews.com/

「韓国は素晴らしい俳優を亡くしてしまった」といった声を聞くことがありましたが、「毒戦」を見てその意味がひしひしと伝わってきました。123分のうち、キム・ジュヒョクが登場するのは20分ほど。わずかな時間でありながら、彼の存在感がものすごい。観覧客に強い衝撃を与え、その印象を濃く残しています。

キム・ジュヒョクの演技力に引き込まれながらも、もう彼が映画を撮ることはないんだなと思うと切ない気持ちになりました。激闘の末、彼が倒れるシーンに複雑な気持ちを覚えた人も少なくないことでしょう。

韓国映画「毒戦」のあらすじ

謎の爆発事故後、長い間麻薬組織を追跡してきた刑事ウォンホ(チョ・ジヌン)の前に組織の後見人オ・ヨンオク(キム・ソンリョン)と捨てられた組織員ラック(リュ・ジュンヨル)があらわれる。彼らの助けでアジア麻薬市場の大物ジン・ハリム(キム・ジュヒョク)と組織の隠れた人物ブライアン(チャ・スンウォン)に会うこととなり、その実態に関する決定的な証拠を見つけるのだが…。

出典:Wow!Korea

韓国映画「毒戦」のレビュー&評価

観覧客 8.52
ネチズン 5.29
記者・評論家 7.90

プラス評価

  • リュ・ジュンヨルの俳優としての成長が見れる映画
  • キム・ジュヒョクの演技が最高!遺作というのが残念
  • 俳優陣の演技も内容も素晴らしいとしか言いようがない
  • 俳優陣の演技力によって面白さが引き出されている
  • 映画時間が過ぎるのも忘れて見入ってしまった
  • 演技のカリスマ!素晴らしい俳優陣に拍手を送りたい

マイナス評価

  • なんでこの映画がR-15指定?19禁レベルなのでは…
  • 衝撃的で刺激的なシーンが多く見ていられなかった
  • 俳優陣の演技は素晴らしいが何を伝えたいのか分からない

19禁レベルの映画ではないかという声も

韓国映画 毒戦出典:http://www.kihoilbo.co.kr/

韓国映画「毒戦」はR-15指定の映画なのですが、過激なシーンがかなり多い。上記のマイナス評価中にもあるように、観覧客からは「この映画が15禁でいいはずがない」「19禁にすべきなのでは」といった声が多く上がっています。

まず最初に衝撃を与えたのは、ジン・ソヨンの謎のポロリシーン(今考えてもあのシーンが必要だったとは思えない)。キム・ジュヒョクのパートナーとして登場するジン・ソヨンですが、彼女の演技がまたすごい。キム・ジュヒョクの演技力に負けず劣らず、麻薬に狂った女を演じ切っています。二人が麻薬を吸うシーンなんか、もう…。

韓国映画 毒戦出典:https://blog.naver.com/

ちょい役ですが、チャ・スンウォンも出演しています。彼が登場するあたりから、ちょこちょこグロいシーンが出てきます。そこまで見せる?っていうようなシーンもあったし、見てるだけで痛くなるようなシーンもありました。麻薬、拷問、殺害、その他諸々。もうこれ、絶対19禁。

韓国映画「毒戦」を実際に見た感想

韓国映画 毒戦出典:https://post.naver.com/

個人的に不思議でたまらないのが、冒頭に登場するキム・ソンリョン。「NAVER映画」には「主演」表記がある上、メインポスターにも載っているので、キーパーソンなのかと思いきや、びっくりするくらいのちょい役!有名女優だから…?よく分かりません。でも相変わらず、51歳とは思えないほどの美貌とスタイルでしたよ。

リュ・ジュンヨルにキム・ジュヒョクと、演技派俳優が揃う映画「毒戦」。彼らの演技力もそうですが、イ先生の正体を暴くまでのストーリー展開も面白い。ただ、個人的な意見ですが、最高に面白かった!と言えないのは、終わり方が微妙すぎたから。かなりごちゃごちゃした内容なので、最後はすっきりさせてもいいのでは?と思いました。

韓国映画「毒戦」の気になる日本公開は?

韓国映画 毒戦出典:https://blog.naver.com/

第71回カンヌ国際映画祭と併催されたフィルムマーケットで、韓国映画「毒戦」の販売が行われました!販売先は、日本、台湾、シンガポールなど、55カ国・地域。日本公開についてはまだ詳しい情報が出ていないようですが、分かり次第追記していきますね。

さいごに

いかがでしたか?

2018年の韓国映画で最高記録を突破した、映画「毒戦」。特にリュ・ジュンヨルとキム・ジュヒョクの演技力が光る作品です(主演のチョ・ジンウンに全然触れてなくてすみません)。

いろいろと思うところはありますが(19禁レベルの演出や終わり方など)、見て損はない映画です!気になる方はぜひ見てみてくださいね。

あわせて読みたい
【韓国映画】「いま、会いにゆきます」のあらすじ・キャスト・評価まとめ【日本公開決定】2004年、日本で映画化された市川拓司作家によるベストセラー小説「いま、会いにゆきます」。映画公開当時は大変話題となった作品ですが、そん...

 

ちなみに、韓国映画やドラマを見るならdTVチャンネルがおすすめです。韓流チャンネルを含む31の専門チャンネルが、なんと24時間見放題!初回31日間無料のこの機会にぜひ。

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(28)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。