語学留学・ワーホリ

【韓国留学体験談③】梨花女子大学韓国語学堂の授業内容・学校生活・韓国語力の伸びは?

韓国留学(語学留学)体験談第3弾!延世大学語学堂のお隣、梨花女子大学語学堂に留学した97年生のAさんにお話を伺いました。お嬢様大学として知られる梨大の語学堂は、女子留学生から大人気。梨大語学堂入学を検討中の方は特に必見です。

韓国語学堂の留学準備

韓国留学を決めた理由

韓国留学を決めた理由は、将来韓国関連の仕事に就きたいという思いがあったからです。97年生なので、これから就活する予定です。

梨大語学堂を選んだ理由

梨大語学堂を選んだ理由は、徹底したカリキュラムに惹かれたからです。読解、筆記、リスニング、スピーキング、語彙など、韓国語の分野をまんべんなく学ぶことができるという点が決め手でした。

韓国留学に備えて準備した資金

語学堂の費用や生活費など、全て合わせて200万円ほど用意しました。

梨大語学堂での学校生活

梨大語学堂に通った期間

梨大語学堂に通った期間はちょうど一年間で、2級からスタートし5級まで進級しました。

梨大語学堂のクラス構成

1クラスの人数は14人〜18人と、他の語学堂に比べて人数は多めでした。そのうち、日本人は1人〜3人程度。割合で考えても、日本人は少ない方です。

梨大語学堂の授業内容

2級から3級までは、日常会話で使える文法や会話練習などがメインでした。4級からは少し難しくなります。討議や討論などを通して自分の意見を道徳的に話したり、新聞記事について自分の意見をまとめて発表したりと、「考えて話す力」を伸ばす授業が多くなりました。

梨大語学堂のテスト出題内容

授業中に学んだ文法や単語、リスニング。それから対話テストや自分の意見を話すテストなど、スピーキングのテストもあります。

梨大語学堂のテストの難易度と対策

普段から授業をしっかり聞いて、復習を欠かさなければそんなに難しくはありません。授業中に書き留めておいたものを別のノートに綺麗にまとめて復習しやすくし、テスト前には授業中に出てきた単語を全て覚えました。

また、普段から友達同士で積極的に会話練習を行ったり、その日学んだ文法をすぐに実践したりするのも効果的でした。

梨大語学堂での韓国語力の変化

梨大語学堂に通って韓国語力は伸びた?

韓国留学当初は、全く韓国語ができない状態でした。それが今では日本語が出てこないほどに韓国語に慣れ、不便を感じることなく韓国で生活ができるようになるまで実力が伸びました。

おすすめの韓国語勉強法

語学堂は多国籍の生徒が数多く集まる出会いの場です。その環境を生かしてたくさん友達を作り、常に韓国語を話す環境を作り出すことが大切です。

韓国語でチャット(カカオトーク)のやりとりをするのも効果的でした。休みの日でも家にいるだけでなく、積極的に外に出ていろんな人と話してみるといいと思います。

あわせて読みたい
韓国語学留学「D-4ビザ」まるわかり!必要書類・申請方法・ビザ取得の注意点まとめ この記事では、韓国の「D-4(一般研修)ビザ」についてご紹介していきます。 D-4ビザはいわゆる「語学留学ビザ」で、韓国語...

梨大語学堂の施設・学食・アクセス

大学を含めた学校施設の充実度

梨大には、売店や図書館はもちろんのこと、銀行や郵便局、カフェ、ジム、映画館と、とにかくなんでも揃っているのでとっても便利です。

大学を含めた学食の充実度

学食は、週末など大学が休みの日に合わせて閉めてしまうので、その点は不便でした。味は普通。まずいわけではないけど、特別おいしいわけでもありません。学食にしてはコスパも悪いです。常に同じメニューで、しかも全部で10種類あるかないかくらいでした。

梨大語学堂周辺の施設の充実度

語学堂のすぐ隣にはコンビニがあり、正門の前にはマートがあります。近くに大きな映画館もあるし、女子大前ということもあってか、化粧品屋さんや服屋さんが豊富に立ち並んでいるのも魅力。また、カフェもたくさんあるので勉強するのにはぴったりの環境です。

梨大語学堂へのアクセス

地下鉄2号線梨大(イデ)駅から徒歩10分程度。アクセスは便利です。

梨大語学堂に通ってみて

梨大語学堂での学校生活を振り返ってみて

海外生活にはつきものですが、文化や習慣が違う外国人の友達との付き合いが難しく、悩んだ時期もありました。ですが、トータルで見るととっても楽しかったですし、人生で一番いい経験をしたと思っています。

他校の韓国語学堂を羨ましく思ったこと

特にありません。梨大語学堂にとても満足しています。

韓国留学中の日常生活

韓国留学中に滞在した宿所

梨大語学堂近くのリビンテルに滞在しました。リビンテルとは、コシウォンやコシテルなどと同じカテゴリの滞在先になります。呼び方の違いにはなるのですが、リビンテルは「リビングのようにくつろげるようなコシテル」という意味が含まれています。

韓国留学中の放課後や休日の過ごし方

友達と遊びに行ったり、運動をしに行ったり、梨大のラウンジやカフェ、図書館などで勉強したりしました。もちろん、家で休むこともありました。

韓国留学という人生の貴重な経験を通して

韓国留学を振り返ってみて

日本と距離が近いとはいえ、海外であることに変わりはありません。文化や習慣、人柄に価値観、食文化やマナーなどが日本とは全く違います。最初の数ヶ月は気付かないうちにストレスがたまっていたようで、体調を崩したこともありました。

ですが、韓国語の勉強自体はとても楽しく、梨大語学堂に入ったことでいろんな国の友達に出会うことができました。韓国留学中できた友達とは、語学面だけでなく生活面でも助け合いながら過ごしたため、より深い関係を築くことができました。

また、先生方もとても親切で質問もしやすく授業のペースも生徒一人一人に合わせて進めてくれました。先生方は留学生の生活面も気にかけてくれており、生徒が今どんな悩みを抱えているのか、何をしているかなどを察して生徒の様子を把握してくれています。日本語のできる先生もいるので、生活面で困ったときにも助けてもらえました。

韓国留学中、いろんな人と出会い幸せな思いも嫌な思いもたくさんしましたが、全てが人生の経験となり、自分の財産となりました。留学を経験したことで世界を広く見るようになり、いろんな国からの目線で物事を見ることができるようになりました。

国によって文化や習慣、価値観が違うので、それに合わせて生活することも自分の力になったと思います。

留学は自分の努力によって楽しくなるもの」だというものが分かりました。勉強も生活も学校生活も、全ては自分次第で変わってくると思います。また、留学することで両親からの愛や大切さを見直すこともでき、いろんな面で貴重な経験となりました。

さいごに

いかがでしたか?

将来韓国関係の仕事に就きたいと、梨大語学堂に留学されたAさん。全く話せなかった状態から今や日本語が出てこないほどに韓国語力がアップされたとのこと。

韓国語環境にどっぷりと浸かることのできる、限られた韓国留学の期間を無駄にせず、積極的に韓国語の勉強に励まれたようです。Aさんの言葉にあったように、本当に「何事も自分の努力次第」だと思います。

この言葉を胸に、ぜひ韓国留学を実りあるものにしてくださいね!

Aさん、ご協力ありがとうございました!

今回インタビューにご協力頂いたAさんのインスタはこちらから。

https://re-korea.com/interview-all/

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(28)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。