韓国語

韓国語学習におすすめのテキスト・辞書・単語帳は?TOPIKやハン検対策もあり!

テキスト、辞書、単語帳、韓国語を勉強するにも教材の種類が多すぎて悩みますよね。韓国語の教材選びでお悩みの方必見です!私が実際に使用してみて良かったと思うおすすめの教材をまとめてご紹介します。

初級から高級まで、そしてTOPIKやハン検対策まで。ぜひ参考にしてみてくださいね。

韓国語学習におすすめのテキスト

「基礎から学ぶ韓国語講座(初級)」

まず、これから韓国語学習を始める初級の方におすすめなのがこちら「基礎から学ぶ韓国語講座(初級)」です。私の韓国語学習も、この一冊から始まりました。

ネイティブの韓国語教師の方が直接おすすめしてくださったのですが、韓国語のプロが推薦するだけあって韓国語学習の入口としては最高の教材だったように思います。韓国語教室などでもよくメイン教材として指定されているそうです。

会話文の中から文法や単語を学習していくタイプのテキストなのですが、一冊を通してひとつのストーリーとなっているので、飽きずに続けることができます。そしてその内容が面白い!笑 文字の大きさやレイアウトもちょうどよく、見やすいのもポイントです。

ハングルの読み書きや発音など、基礎の基礎から韓国語を学ぶことができるほか、CD付きなのでリスニング強化やシャドーイングにもおすすめです。

「基礎から学ぶ韓国語講座(中級)」

「基礎から学ぶ韓国語講座(初級)」を終えたあとは、同シリーズの「基礎から学ぶ韓国語講座(中級)」を使用するのがおすすめです。初級編と中級編でストーリーが繋がっているため、初級編から始める方はぜひ中級編まで続けてみてください。

中級編ではストーリーの内容がかなり面白くなっていて…、笑 より楽しく学習することができました。初級は他のテキストで勉強したけど中級はこのシリーズから、という方法を取ってももちろん良いと思いますよ!

「基礎から学ぶ韓国語講座(中級)」は中級編といっても若干初級寄りというか、少し易しめの内容となっています。中級になった途端に難しすぎて挫折してしまう人も少なくないようなのですが、こちらは韓国語の楽しさを感じながら学習を続けることができる一冊です。

初級編と同じく大変見やすいテキストですし、説明も豊富で分かりやすいため、納得しながら韓国語学習に取り組めると思います。

韓国語学習におすすめの辞書

朝鮮語辞典

朝鮮語辞典といえばこれ!小学館の「朝鮮語辞典」です。約11万語と約6万5千の用例が収録された充実した内容となっています。どのサイトでも絶賛されている辞書なので、知っている方も多いかもしれません。

私が韓国留学中に出会った友達も、ほとんどの人がこの辞書を持っていましたよ!ついついお手軽なアプリの辞書などで間に合わせてしまいがちですが、やっぱり紙辞書には敵いませんよね。

しっかり頭に入ってくるし、目的の語以外も自然と目に入ってきて面白い発見があったりするのも魅力。

こちらの朝鮮語辞典は、例文が豊富に収録されている上に、どれも自然な表現ばかりであると言われています。語の意味だけでなく、自然な使い方も同時に覚えることができます。定価8000円オーバーとちょっとお高めですが、これは購入の価値ありです。

というか、本格的に韓国語を勉強しようと思うのであれば、持っておくべき一冊です。

標準 韓国語文法辞典

中級〜高級の方におすすめなのが「標準 韓国語文法辞典」です。基本的な文法は上記でご紹介した「基礎から学ぶ韓国語講座」のようなテキストで十分に学ぶことができるのですが、高級寄りの中級〜高級用のテキストってなかなか見かけないんですよね。

基本的な文法はもうしっかりと押さえた、もっといろんな文法を学びたいというときにおすすめなのがこちらの文法辞典です。

ネイティブの韓国語教師の方が推薦してくださっただけあり、とにかく分かりやすい!辞書というと小さい文字が密集していて見づらいイメージがありますが、標準 韓国語文法辞典の場合は比較的文字も大きくて見やすい上、例文も豊富で文章作りの練習にも役立ちます。

TOPIKやハン検対策にもとても便利なので、中級以上であればぜひ持っておきたい一冊です。

韓国語文法 語尾・助詞辞典

こちら「韓国語文法 語尾・助詞辞典」も、中級〜高級の方におすすめな辞書になります。上記でご紹介した「朝鮮語辞典」と「標準 韓国語文法辞典」で十分事足りるのですが、こちらは語尾と助詞に特化している辞書で、本格的に韓国語を勉強しようと思うのなら持っていて損はない一冊です。

例文も豊富に収録されていますし、ネイティブの韓国人から見ても古臭くない表現となっているようでおすすめ。

日本人が理解しづらい表現や間違えやすい表現なども別枠で詳しく解説してくれているので、ただ受け身の学習になるのではなく納得しながら学習を進めていけると思います。

辞書を引くという点で言えば若干探しづらさはあるのですが、ぱらぱらと見ていくうちにどこかで聞いたことのある表現に目が止まったり、気になっていた表現に出会えたりと、辞書ならではの発見があるので個人的にはお気に入り。

韓国語学習におすすめの単語帳

キクタン 韓国語【初級編】

韓国語の単語帳といえばやっぱり「キクタン」でしょう!英語や中国語など、他言語でもキクタンは出版されているようなので、知っている方も多いかと思います。「聞いて覚える」というキャッチフレーズで有名なキクタン。

付属のCDを聴きながら耳と目で同時に覚えていくというスタイルの単語帳です。韓国語は日本人にとって発音が難しい言語です。初級段階から韓国語の発音や抑揚に耳を鳴らしておくことをおすすめします。

キクタンの収録内容は、ハン検の出題基準に準拠しているそうで、同時にハン検対策もできるという点が魅力です。CDはまるで音楽のようになっていて、リズムに乗りながら学習することができるので楽しく単語を覚えていくことができます。

一番つまらないけど一番重要な単語学習。8週間の無理のないカリキュラム内容になっていて、飽き性の私でもしっかり続けることができました!ちなみに初級編には入門編の内容が入っているので、入門編は必要ないかも。ぜひ初級編から始めてみてください。

キクタン 韓国語【中級編】

キクタンのいいところは、レベルが細かく分けられている点にもあると思います。中級寄りの初級の方は「初級編」の次に「初中級編」とステップを踏んでから、「中級編」へと進むのをおすすめします。

中級編にはハン検準2級の出題基準に準拠した単語が収録されています。私も過去にハン検準2級を受験したことがあったのですが、キクタン中級編がとにかく役に立ったことを覚えています。

キクタンでは、動詞、名詞、形容詞、副詞…と単語がまんべんなく収録されているのですが、形容詞や副詞に特化したバージョンなんかも出ています。こちらもなかなかおすすめです!形容詞や副詞の語彙力を伸ばすと、表現の幅がぐっと広がるからです。

ただ、キクタンはどれも例文が微妙!!数も少ないしネイティブが首を傾げるような内容も多いのでそこはマイナス評価です…。

起きてから寝るまで韓国語表現700

中級以上の方におすすめなのがこちら!「起きてから寝るまで韓国語表現700」です。起きてから寝るまで韓国語表現700は、日常生活で使える表現が収録された参考書になるのですが、単語帳としても役に立つ一冊です。

なんだか易しそうな見た目ですよね。そう思って初級レベルの時に購入したのですが、それは失敗でした。初級レベルで挑むには難しすぎます。ある程度基本が身についた中級レベルになってからは役に立ちました!

起きてから寝るまで、日常生活の中の多様なシーンで使えるリアルな表現と単語が収録されています。行動表現だけでなく、会話表現や独り言などさまざまです。

文字も大きくて見やすいですし、イラストも豊富でイメージしながら表現や単語を学習することができるので定着しやすいかと思います。日常生活ですぐに使える表現や単語ばかりなので、飽きずに続けることができておすすめです。

暮らしの韓国語単語10000

高級の方におすすめの単語帳がこちら「暮らしの韓国語単語10000」です。韓国語の生活単語が網羅された分厚い単語帳です!単語帳というよりも、辞書のような?そんな感じ。辞書並みのボリュームなので、持ち運びには到底向いていません。

高級になるとある程度の語彙力はついているので、知らない単語を知ることが難しかったりします。(知らない単語は多いけどそれに出会う機会が少なかったり)そんなときにおすすめの一冊です!

10000語もの生活単語が収録されているので、高級の方からすれば知ってるよ!という単語も多いとは思うのですが、「知ってるようで知らなかった」といった単語に出会うことができるはずです。

動植物の名称とか、おしゃれ関連の単語とか、病院・病気関連の単語なども盛りだくさん!日本語と韓国語では外来語の発音が全然違っていて難しかったりするのですが、外来語も多数収録されているのでおすすめです。

TOPIK&ハン検対策におすすめの参考書

新・合格できる韓国語能力試験(TOPIKⅡ)

TOPIK受験予定の方におすすめなのがこちら!「新・合格できる韓国語能力試験(TOPIKⅡ)」です。私も以前TOPIKを受験した時、この一冊をやりこんで無事に目標級に合格することができました。

まず他のTOPIK関連のテキストと比較して、コンパクトなのが良い!持ち運びが便利なので、外出中でも空いた時間に開いたりしてました。

「TOPIKⅡ」は中級〜高級向けの試験になるのですが、中級〜高級と言ってもそのレベルの幅が大きすぎますよね。

その点、新・合格できる韓国語能力試験(TOPIKⅡ)は自分のレベルに合わせて学習することができるような構成になっているので、3級〜4級合格を目指したいという方にもおすすめの一冊です。

ただ、文法や単語、リスニングに関してはこの一冊でまかなえるのですが、筆記に関しては少し弱いなという印象。

韓国語能力試験TOPIKⅡ 作文完全対策

TOPIKⅡの作文対策におすすめなのが「韓国語能力試験TOPIKⅡ 作文完全対策」です。その名の通り、作文対策に特化した参考書になります。

TOPIKⅡの作文は配点全体の3分の1もの配点を占めるという大変重要な存在なのですが、多くの受験生が苦手とし、点数を落としてきたのだそう。作文で点数を取れなかったせいで目標級に届かなかったなんて人も少なくないようです。

作文は「慣れ」が大事です。緊張の中で突然テーマを出され、韓国語で作文内容を構成し制限時間内にそれを埋めるというのは、正直めちゃくちゃ難しいです(TOPIKの作文テーマ、難しい時は本当に難しいんです)。

単純なTOPIK対策テキストでは学ぶことができない、韓国語作文の構成方法やポイントを重点的に教えてくれます。多様な言い回しや表現が収録されていて、参考になる一冊です。

ハングル能力検定試験 3級合格をめざして

ハン検対策には「ハングル能力検定試験 3級合格をめざして」がおすすめです。軽くてコンパクトなテキストなので、持ち運びに便利です。私も受験準備中はいつも持ち歩いていましたし、受験当日も会場まで持って行きました。

ハン検の出題ポイントがぎっしりと詰まっており、内容も濃くおすすめです。CDも付属していてリスニングの対策もすることができます。

ただ、この一冊だけやりこめば合格できるかというと、そうではないと思います。出題ポイントはしっかりと収録されていますが、練習問題が少なすぎます。出題形式に慣れておかないと合格は難しいかなという印象。

ハン検受験を決めたときに、最初にポイントを押さえ、他のテキストで出題形式に慣れ、過去問を解き、最後にまた復習として利用する程度がちょうどいいと思います。ハン検対策のメインテキストとしては向いていません。

ハン検過去問題集3級「ハングル」能力検定試験

「ハン検過去問題集3級『ハングル』能力検定試験」は、ハン検を受験する方には絶対におすすめしたい一冊です!ハン検では同じような問題が出題されることも多いようで、過去問を解くことは対策としてかなり役立ちます。

上記でご紹介した「ハングル能力検定試験 3級合格をめざして」などで出題のポイントを押さえたあとは、ぜひ過去問を繰り返し解いてみてください。

過去問を数回解いていくうちに、ハン検の出題形式に慣れるだけでなく、出題傾向なども分かってきて自分なりの勉強方法を掴むことができるようになるはずです。できれば一冊だけでなく二冊程度解いてみることをおすすめします。より流れを掴みやすくなるはずです。

過去問を繰り返し解いたという方で、不合格になったという話はあまり聞きません。本気で合格を狙うなら、過去問は必須です!!

ハングル能力検定試験 対策問題集 準2級 筆記編

過去問だけじゃ不安!充実したテキストで文法や単語を押さえたいという方には、「ハングル能力検定試験 対策問題集 準2級 筆記編」がおすすめです。

それなりにボリュームもありますし、文字も小さめでぱっと見は見づらい印象があるのですが、ボリュームがあるだけあって文法や単語の解説だけでなく練習問題も豊富に収録されています。

かなり充実した内容となっているので、全てやりきるにはかなりの時間と根気が必要となるかと思います。ただし、その分これ一冊をしっかりと押さえておけばきっと合格できると思います。

CDが付いていないのでリスニング対策ができないのが難点ですが、それでもこのテキストは本当におすすめです。

さいごに

いかがでしたか?

私が実際に使用してみておすすめしたいと思った、韓国語の教材をまとめてご紹介しました。割と何にでも手を出してしまう方なので、私が購入した韓国語関連の教材は実はまだまだ多いんです。

その中でも続けられたもの、実力アップを感じられたもの、試験合格へと導いてくれたもの、などをピックアップしてみました。韓国語の教材選びでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(27)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。