韓国旅行

ロシアより寒い!?冬の韓国旅行を楽しむための寒さ対策とおすすめ観光をご紹介

韓国の寒さは異常です!!冬に韓国旅行を予定している方は、しっかりと寒さ対策をしておきましょう。今回は、おすすめの寒さ対策と、寒い日にぴったりの観光スポットや韓国料理など、冬の韓国旅行に役立つ情報をまとめてご紹介していきます。

ロシアより寒い!?冬の韓国の気温と体感

お隣の国でありながら、冬はびっくりするほどに極寒の韓国。ロシアの平均気温が-10度前後だと言われているようですが、韓国ではそんなロシアよりも気温が低い日があることも。

12月〜2月にかけては厳しい寒さの日が続きますが、そんな中で韓国旅行を計画している方も多いはず。。極寒の中で韓国旅行を楽しむためには、しっかりと寒さ対策をしたり、寒い日にでも楽しめる観光スポットをあらかじめ調べておくことをおすすめします。

極寒、極寒と言われる韓国ですが、果たしてその寒さとはどれほどのものなのか…。冬の韓国の気温と体感、そしてその他諸々の例と合わせて、まずは韓国の寒さからお伝えしていこうと思います。

最高気温も最低気温も氷点下

韓国の冬は、11月頃から始まります。11月下旬頃だったかな?おそらくPM2.5のせいなのでしょう、ちょっと黄ばんだ初雪を見ました。笑 そして12月下旬頃から一気に気温が下がり、1月中旬の今、寒さはピークを迎えています。なんと最高気温も氷点下。

数日前、最低気温が-18度だったんですが、体感温度は-25度とのことでした。室内はどこも基本的に25度くらいに保たれているので、室内外の気温差(体感)が50度くらいだったってことですよね。やばい。

2018年2月21日追記

2月に入ると少し暖かくなってきますが、中旬あたりまでは最高気温も氷点下の日々が続きます。2月下旬に差し掛かった今、最高気温が3〜8度とようやく暖かくなったきました。

ただ、最低気温との温度差が10度近くになることもあるので、朝晩は特に油断はできません。

イメージとしては冷凍庫の中

韓国のピークの寒さは、イメージとしては冷凍庫の中にいるような感じです。冷凍庫を開けた瞬間に見える白い冷気みたいなのがあるじゃないですか。あれと同じようなものを見たことがあります。笑

「寒い!」よりも「痛い!」の方が合っているような、そんな感覚です。素手だったり素足だったりすると、あっというまにかじかんでしまいます。

とりあえず震えが止まらない

日本の冬を過ごすような服装で外にいると、もう震えが止まりません。最高気温も最低気温も氷点下ですからね。なんなら日によってはロシアの平均気温よりも低かったりするわけで(北海道とか東北地方出身でなければ)日本人の身体はきっとびっくりすることでしょう。

私は福岡出身なのですが、普通に耐えられません。笑 比較的暖かい九州出身の方は特に要注意です。寒さ対策(服装)については後述しますね。

息をするたびに器官が凍りつきそうになる

これは初めての感覚だったんですけど。。息をするたびに、空気が冷たすぎるからなんでしょうか、器官が凍りつきそうに感じるんです。ちょっと痛むというかなんというか。

鼻で思いっきり空気を吸ってしまったときなんかもう、頭がキーンと痛くなってしまうような、そんな感じです。

鼻水が凍る

これは韓国でニュースにもなってました。あまりの寒さに知らず知らずのうちに鼻水が垂れてきて、さらにはその鼻水があまりの寒さに凍ってしまうケースが多発しているみたいな。笑

自然と涙が出てくる上にその涙も凍る

この前外を歩いてたらですね、けっこう風が強かった日で、防寒は完璧だったんですけど目だけは防げていなかったみたいなんです。

目が本当に本当に寒くて、私はもう顔中の感覚を失っていたので気付かなかったのですが、知らず知らずのうちに涙が出てたみたいなんです。別に寒くて泣いたわけではないんですが、目も耐えれなかったみたいですね。しかもよく見るとその涙、凍ってました。笑

窓が凍って開かない

これは早朝あるあるですが、最近は窓が凍ってしまって開かなかったりします。

スマホが冷え切って氷みたいになる

スマホをロングペディングのポケットに入れたまま寒空の下をちょろっと歩いただけで、スマホが氷のように冷え切ってしまいました。夏の暑い日にスマホが熱〜くなってしまうことはあっても、氷のように冷たいスマホは初めて触りました。

極寒の韓国!旅行中はこれくらいの寒さ対策を

韓国のピークの寒さがどれくらいのものなのか、なんとなく分かって頂けましたでしょうか。雪が降ったり積もったりすることはあんまりないので、室内から見るだけではそこまで寒そうには見えないんですが、油断禁物。

特に1月に韓国旅行を計画している方は、大袈裟なくらいにモコモコに着込むことをおすすめします。寒さに負けずに韓国旅行を楽しむためには、以下のような寒さ対策をしておきましょう(私が実際に韓国でしてる寒さ対策です=これだけ着込めば完璧!)。

  • ロングペディング
  • UNIQLO 極暖ヒートテック(上下)
  • ニットまたはトレーナー
  • スカートではなくパンツ
  • スニーカーではなくスノーブーツ
  • マフラーまたはネックウォーマー
  • マスク
  • 耳当て
  • 帽子
  • 手袋

ロングペディング


出典:https://www.stylesha.re/

まず、必須中の必須アイテムがこちら!ロングペディングです。ロングコートやムスタンでは、韓国の寒さ対策としては弱すぎるかもしれません。韓国の寒空の下を歩くのならおしゃれは二の次!!

厳しい寒さの日、韓国人はみ〜〜〜んなロングペディングを着ています。ベンチコートのように見えますが、実はこれ今韓国で大流行中のアウターなんです。とにかく暖かい!!私はもう手放せません。。

あわせて読みたい
【日本でも購入可能】韓国の冬に必須のアウターアイテム「ロングペディング」が大人気!韓国で大流行中の冬のアウターアイテム「ロングペディング」を知っていますか? 韓国の冬はとにかく寒くて厳しいので、モコモコに着込まな...

UNIQLO 極暖ヒートテック(上下)

UNIQLOの極暖ヒートテックも必須です。上下で!外を歩き回るときには二枚重ねをしたりも。。ただ、韓国では基本的に室内の温度が25度くらいに設定されているので、室内で遊ぶ予定があるのであれば、重ね着してしまうとちょっと暑いかもしれません。

ニットまたはトレーナー

極暖ヒートテックの上には、ニットまたはトレーナーを着ます。トレーナーは裏起毛!ニットもけっこう厚めのものを着るようにしてます。ロングペディングが中に着込めるタイプのアウターなので、着たときのかさばりは気になりません。

スカートではなくパンツ

日本だと、ヒートテックタイツを履いてスカートというファッションも多いですよね。でも、韓国ではスカートはおすすめしません。必ずパンツスタイルで、中にはしっかりと極暖ヒートテックを!!

ジーンズだけだとかなり寒いです。足から身体へとどんどん冷えが広がっていきます。ジーンズを履くのなら、裏起毛とかがおすすめです。

スニーカーではなくスノーブーツ


出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/

これがけっこう重要なんですが、ちょっと見落としがちな足元!韓国旅行では歩きやすいスニーカーをと考えがちだと思うのですが、正直スニーカーはあまりおすすめできません。理由はひとつ、寒すぎるからです。

モコモコ靴下を履いていても、カシミヤ入り靴下を履いていても、スニーカーでは寒かったです。なので「ソレル」のスノーブーツを買いました。笑

「これはさすがに大袈裟やろ〜」なんて思ってたんですが、スノーブーツ最強です。スニーカーと比べると歩きづらさはありますが、足元が守られているだけでこんなに身体が冷えないなんて!本当に本当におすすめです。

2018年2月21日追記

2月中旬頃からはスニーカーでも十分だと思います!

マフラーまたはネックウォーマー

ロングペディングは首元まで締めることができるタイプがほとんどだとは思うのですが、それでもちょっとした隙間から冷気が入り込み、全力で身体を冷やしにかかってきます。

なので、ロングペディングを着るにしてもマフラーやネックウォーマーは必須!首から下を冷やしてしまわないように、徹底的に隙間を塞ぎます。

ロングペディングのフードを被ることを考えたら(日本でフードを被る人はあんまりいませんが、韓国人はよく被ります、、ていうか寒すぎてきっと被ることになります)ネックウォーマーの方がコンパクトでいいかもです。

マスク


出典:http://storefarm.naver.com/

そしてマスク。マスクがあるだけで顔の寒さがだいぶ違うので、マスクの着用は強くおすすめします。韓国では黒マスクが主流ですよね。風邪予防なんかに使う薄いマスクではなくて、布製のマスクを使いましょう!

「ベストアイテム」となっていたのでこれ買ってみたんですが、これまた最強です。もし韓国の街中で見かけたら、韓国旅行中だけでも使ってみてはいかがでしょうか。300円くらいだったんですが、マスク兼耳当てという機能性の高いアイテムなんですよ。笑

日本だったらちょっとあれですが、韓国でなら堂々と使えます。なんなら「どこで買ったの?」とか聞かれます(羨ましがられます)。

耳当て

とはいえ、耳当てマスクなんてなかなか持っている方はいないと思うので…。あれば耳当てを持って行くようにしましょう。もう、目以外は全て何かで包むつもりで。。ずっと耳を出してると、冷たいを通り越して痛みを感じるようになります。

まあ、ちょっと音が聞こえづらくなるっていうところが難点ではあるんですが、寒いからですね。。

帽子

頭も寒いです!帽子があるかないかだけでも、寒さがだいぶ違ってきます。ニット帽で耳まで隠してしまえるのが一番いいかな〜と思います。

手袋

そして忘れてはならないのが手袋。素手だと一気に体温が奪われて動かなくなってしまうので、手袋の着用は必須です。私はヒートテック手袋を使っているのですが、それでもやっぱり寒いです。

ただ、スキー用手袋みたいなのを使ってしまうと何にもできなくなるので、ある程度手を動かせるようなタイプの手袋を使うことをおすすめします。

ちなみに、私はスマホタッチができるタイプのものを買ったのですが、正直寒すぎて外でスマホを使う気になれず、その機能に関してはあんまり活躍していません。

ただ、旅行中に頻繁にマップアプリを利用したいとかであれば、スマホタッチ機能付きのものを選ぶ方がいいかもしれません。

極寒の韓国でも楽しめる!おすすめ観光スポット

明洞やホンデなど、繁華街でのショッピングや屋台グルメなどが韓国旅行の魅力の一つだとは思うのですが、街歩きするのには冬の韓国は寒すぎます。そんな極寒の韓国で旅行をする際に、室内で楽しむことができるおすすめの観光スポットをご紹介していきます。

COEX MALL


出典:https://ameblo.jp/

まずはこちら「COEX MALL」です。地下鉄2号線三成(サムソン)駅から直結している地下ショッピングモールです。その大きさはなんと、東洋最大級なんだとか!!

ファッション店や雑貨店、コスメ店などはもちろんのこと、大型書店に大型図書館(噂の「ビョルマダン図書館」)、水族館や映画館まで揃っています。

COEX MALLのすぐ隣には「SM TOWN」もあり、K-POPファンには特におすすめです。レストランやカフェなども多いので、一日中楽しむことができます。

韓国語学習中の方は、韓国の映画館を体験してみるのもいいかもしれません(日本よりもずっと安く見れますよ!)。外を歩く必要もないので、寒い日にはぴったり。

GO TO MALL


出典:https://4travel.jp/

韓国のプチプラファッションアイテムをお求めの方はこちら「GO TO MALL」がおすすめです。GO TO MALLは、地下鉄3・7・9号線高速バスターミナル駅から直結している地下ショッピングモールです。

全長880メートルもの巨大地下街で、600以上もの店舗が並んでいます。こちらも外の寒さなんか関係なし!ゆっくりとショッピングを楽しむことができます。

GO TO MALLの魅力といえば、なんといってもその安さ!明洞やホンデで販売されているアイテムが、GO TO MALLではもっと安く買えたり…、なんてこともあるんです。

ちなみに、カード決済だと手数料が高く付くので(10%)、現金を用意していくことをおすすめします!それと、あまりの安さに爆買いしてしまいがちなんですが、基本的に返品・交換ができないので慎重に選んで買いましょう。

ロッテモール 金浦空港店


出典:http://www.semba1008.co.jp/

空港方面の観光スポットをお探しなのであれば「ロッテモール 金浦空港店」がおすすめです!ロッテモール 金浦空港店は、地下鉄9号線・空港鉄道金浦空港駅から直結している、韓国最大級のショッピングモールです。

到着日にも帰国日に立ち寄ることのできる、便利な観光スポットです。ショッピングスポット、映画館、レストラン、カフェと、こちらもかなり充実しています。

あわせて読みたい
金浦ロッテモールに行くならプデチゲレストラン「ノルブプデチゲ」での食事がおすすめ韓国人はもちろんのこと、日本人ウケも抜群の「プデチゲ」。ボリューム満点でどこかジャンクな味わいを持つプデチゲは、若者世代を中心に人気を集...
あわせて読みたい
金浦ロッテモールのラグジュアリーなおしゃれカフェ「Heaven on Top」金浦空港利用者であれば、誰もが一度は立ち寄ったことがあるであろう「金浦空港ロッテモール」。ショッピングスポットとしても大人気ですが、そん...

チムジルバン

韓国人特有の生活文化として知られている「チムジルバン」を体験してみるのもおすすめです!韓国の文化を知ることができる上に、チムジルバンで身体を温めることもできて、一石二鳥。

食堂や売店も併設されているので、食事に困ることもありません。アカスリやヨモギ蒸し、マッサージ・スパなども、全てチムジルバンで楽しむことができます。

あわせて読みたい
韓国最大級!日本語可!ソウル龍山のチムジルバン「ドラゴンヒルスパ」に宿泊してみたソウル龍山(ヨンサン)に、韓国最大級のチムジルバンがあるのをご存知でしたか?観光地からもほど近く、駅前で行き方も簡単!24時間営業で、一...
あわせて読みたい
【宿泊可能】ソウルで穴場のチムジルバンならここがおすすめ【清潔で安い】韓国の複合スパ施設「チムジルバン」を知っていますか?韓国のサウナ文化は有名で、韓国ドラマの一場面などで見かけたことがある方も多いかもしれ...

カフェ巡り

韓国といえばカフェ大国!韓国旅行でカフェ巡りは欠かせませんよね。観光の合間合間に、おしゃれなカフェで温かい飲み物を飲みながら一休み…。身体が温まっているうちに次のカフェに移動…みたいな感じで、私もよく寒空の下でカフェ巡りをしています。

https://re-korea.com/category/cafe/

身体を芯から温める!冬の韓国旅行での必食グルメ

韓国の冬の定番グルメといえば、熱々の鍋料理!!韓国の鍋料理は種類が豊富ですが、その中でも特におすすめなものをピックアップしてみました。熱々の鍋料理を食べて、身体を芯から温めましょう。

タッカンマリ

まずは「タッカンマリ」です!タッカンマリは「鶏一羽」という意味で、その名前の通り鶏がまるまる一羽入っている鍋になります。日本でいう「水炊き」に近い料理です。全く辛くないですし(ソースを辛くする人は多いです)、日本人の舌にもよく合う味です。

にんにくをたっぷりと入れれば、さらにおいしくさらに身体が温まるのでおすすめです。東大門の有名店はかなり知られていると思うので、私の行きつけのおすすめ店をご紹介しますね。

あわせて読みたい
金浦空港利用者必見!帰国前においしいタッカンマリを!韓国の名店をご紹介しますタッカンマリといえば、東大門。ですが、タッカンマリの名店があるのは東大門だけじゃないんです。金浦空港付近のタッカンマリがおいしいと、地元...

プデチゲ

「プデチゲ」もおすすめです。プデチゲは、キムチチゲにソーセージやスパム、ハム、そしてラーメンなどを入れた鍋料理で、ジャンキーな味わいが特徴です。

他の激辛な鍋料理(チゲ)に比べると辛さも控えめなので、日本人にもよく好まれています。食べやすいし美味しいし、なにより身体が温まる!ぜひぜひ食べて頂きたい鍋料理です。

あわせて読みたい
金浦ロッテモールに行くならプデチゲレストラン「ノルブプデチゲ」での食事がおすすめ韓国人はもちろんのこと、日本人ウケも抜群の「プデチゲ」。ボリューム満点でどこかジャンクな味わいを持つプデチゲは、若者世代を中心に人気を集...
あわせて読みたい
チーズとバターで女子ウケ抜群!ソウル郊外・京畿道の坡州で有名なプデチゲ専門店日本人の口にもよく合う韓国料理「プデチゲ」。「チゲ」とあるように辛い鍋料理なのですが、たっぷりと入ったハムやスパム、そしてラーメンと、ジ...

カムジャタン


出典:http://post.naver.com/

そして「カムジャタン」!豚の骨付背肉を、じゃがいもやエゴマの葉と一緒に煮込んだ鍋料理です。辛いのは辛いんですが、辛さレベルとしては日本人も食べれるくらい。エゴマの葉が好きな方には特におすすめの鍋料理です。

身体も温まり、ごはんも進み、お酒のアテとしても好まれ、酔い覚ましにもぴったり、、と万能な鍋料理なんです。今の所ここだ!!というところに出逢っていないので、おいしいお店を発見したらまた追記しようと思います。

コプチャンチョンゴル


出典:https://blog.naver.com/

最後におすすめするのが「コプチャンチョンゴル」です。コプチャンチョンゴルは、コプチャン(牛の小腸)を辛いスープと野菜で煮込んだ鍋料理です。ホルモン好きな方やお酒好きな方にはぴったり!ホルモン屋さんや焼肉屋さんなどに置いてあります。

そんなに辛くはないので、比較的食べやすいと思います。こちらもおいしいお店を見つけ次第、追記しますね。

さいごに

いかがでしたか?

極寒の中で韓国旅行を楽しむための寒さ対策や観光スポット、身体が温まる韓国料理などをご紹介しました!

せっかくの旅行ではおしゃれをしたくなるものですが、冬の韓国ではまず寒さ対策が重要です。しっかりと防寒した上で、寒い日にでも楽しめる観光スポットを回ってみたり、身体の温まる韓国料理を味わってみたりと、寒い冬ならでの韓国旅行を楽しんでみてくださいね。

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!2~3日以内に返信します。(手続き関係は各役所にお問い合わせください ^^)