韓国映画・ドラマ

知られざる歴史!韓国中を泣かせた実話映画「1987」あらすじ・評価・感想まとめ

1987年、韓国で実際に起きた「6月民主抗争」が、その実話を基に映画化されました。警察で調査中のとある学生が死亡するも、警察は隠蔽工作を続け…。皆が熱かった1987年の話に、韓国中が涙に包まれました。

韓国の歴史の一部を暴いた映画「1987」のあらすじ・評価・実際に見た感想をまとめました。

韓国映画「1987」あの悲しい実話が映画になった

まずはざっくりと、あらすじを読んでみてください。 ※この映画はあらかじめ内容をしっかりと押さえた上で見た方が楽しめるかと思います。

あらすじ

1987年1月、警察の調査を受けていた22歳の大学生が死亡する。証拠隠滅のためパク署長(キム・ユンソク)の主導下に警察は遺体の火葬を要請するが、死亡当日に当直だったチェ検事(ハ・ジョンウ)はこれを拒否し、解剖を押し付ける。 単純なショック死というふうに嘘の発表を続ける警察。しかし、現場に残された痕跡や解剖所見は拷問による死亡を示し、事件を取材していたユン記者(イ・ヒジュン)は「水拷問中の窒息死」と報道する。これにパク署長はチョ班長(パク・ヒスン)ら刑事2人だけを拘束させて事件を縮小しようとする。 一方、刑務所に収監されたチョ班長を通じて事件の真相を知った刑務官ハン・ビョンヨン(ユ・ヘジン)はこの事実を伝達するため、姪ヨニ(キム・テリ)に危険な要請をするのだが…。

引用:Wow!Korea

 

1987年。全斗煥大統領の任期6年目、事実上最後の年になると、大統領の直接選挙制を実現するための憲法改正の声が日に日に強まっていきました。

しかし、憲法改正は拒否される一方。各地で学生デモが勃発しました。その最中、警察で取り調べを受けていたソウル大学の学生、朴鍾哲(パク・チョンチョル)がなんと、警察官の「水拷問」により死亡したのです。


出典:http://post.naver.com/[水拷問で死亡した朴鍾哲の実際の写真]

もちろん警察側がその事実を認めることはなく、隠蔽工作を続けます。警察の隠蔽工作が明らかになり、国民の不満は爆発。民主化運動は更に拡大していくこととなりました。

そして、与党・民主正義党の大統領候補を決定するための全党大会が行われる6月10日に、民主化運動を行う国民運動本部により「朴鍾哲君拷問殺害の捏造・隠蔽糾弾と護憲撤廃国民大会」が開催されます。これが「6・10デモ」。


出典:http://post.naver.com/[催涙弾の直撃を受けた李韓烈の実際の写真]

この6・10デモが発生する前日には、延世大学の学生である李韓烈(イ・ハンヨル)が、警察が放った催涙弾の直撃を受けて重症を負い、後に死亡。

民主化運動に加え、催涙弾の乱射に対する抗議デモも、韓国全土へと広がっていきました(これら実際の写真は劇中にて使用されています)。

この出来事を基にしたのが、韓国映画「1987」。主演は、キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、パク・ヒスン、そしてイ・ヒジュンの6名です。出演者の中には、実際に当時の出来事を経験し、デモに参加していた方もいたようです。

「机をゴツッと叩いたら『アッ』と言って死んだ」


出典:http://chicnews.mk.co.kr/

朴鍾哲(パク・チョンチョル)を取り調べ中の水拷問によって死亡させた警察側は、その事実を認めず隠蔽工作に走ります。

この映画「1987」のポイントの一つともなっている「机をゴツッと叩いたら『アッ』と言って死んだ」という警察側の台詞は、当時の警察が実際に発言したものだったといいます。

りこりあ
りこりあ
いやいやそんなわけ…。

韓国映画「1987」の評価・感想まとめ

韓国中で絶賛の嵐!韓国映画「1987」についての評価をまとめました。

観客評価 9.29
記者・評論家評価 8.08
ネチズン評価 9.27

観客の評価

  • これこそが映画。エンディングロールが終わるまで誰も立とうとしなかった
  • 現大学生だけでなく全ての韓国人が見なければならない映画
  • 人生で一番面白かった映画かもしれない
  • この映画を通していろんなことを考えさせられた
  • この事実を知らなかった自分が恥ずかしくなった
  • 間違った歴史がもう二度と繰り返されませんように
  • あの時代を生きた者として心が痛かったが、希望が持てた
  • 言葉が必要ないほどに、ただただ良い映画だった

実際に見た感想


出典:http://entertain.naver.com/

韓国映画「1987」、とっっっても良い映画でした!最後の最後まで目が離せなかったし、悲しすぎて…、泣けました。

そしてこれが本当にあった実話なのだと思うと、あまりにも酷すぎるために怒りも込み上げてきました。危険を顧みずに戦ったデモの参加者たちや、事実を暴こうと動いた記者たちの勇気にも感動させられました。


出典:http://news.naver.com/

私は現在の韓国が好きで、こうして韓国に住んでいるわけですが、正直歴史についてはあまり知りません。好きな国だからこそ歴史を知ろうとは思うのですが、そこまで詳しいわけでもありません。

韓国映画「1987」は、そんな私にとって、すごく勉強になる映画でもありました。2017年夏に公開された大ヒット映画「タクシー運転手」についても同じです。

あわせて読みたい
日本公開決定!2017年夏公開の韓国映画「タクシー運転手」「青年警察」がアツい!ついついはまりこんでしまうような魅力を持つ韓国ドラマですが、韓国の映画にも注目してみてください。この夏公開の韓国映画がとってもアツイんで...


出典:http://entertain.naver.com/

当たり前に生きているこの時代を作り上げたのは、他の誰でもない過去を生きた人々で。当時、彼らが社会を少しでも良くしようと動いてくれたからこそ今があるのだということを、改めて教えてもらいました。これは、韓国だけでなく日本も、全世界共通ですよね。

今を当たり前に生きている私たちに刺激を与えてくれる映画。気になっている方には、ぜひ見て頂きたいです。

韓国映画「1987」日本公開はいつ?

出典:https://twitter.com/

2018/05/30 追記

韓国映画「1987」が、「1987、ある闘いの真実」という邦題での日本公開が決定しました!気になる公開日は、2018年9月8日(土)。シネマート新宿ほか、全国ロードショーです。

さいごに


出典:http://post.naver.com/

いかがでしたか?

韓国中を涙で包んだ映画「1987」のあらすじ・評価・実際に見た感想をまとめてご紹介しました。

絶対に見て後悔することはない、素晴らしい映画です。ちょっと内容が難しかったですが…。1980年代の韓国を知りたい方、韓国の歴史に詳しくなりたい方は、ぜひ見てみてくださいね!

https://re-korea.com/2018/07/23/service-kocowa/

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(27)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。