韓国旅行

たまたま大韓航空のビジネスクラスに乗れたので機内食やシートについてレポします

ラッキーなことに、たまたま大韓航空のビジネスクラスに座ることができました!初体験でエコノミークラスとの違いに驚くことばかり…。大韓航空のビジネスクラスで経験した素晴らしいおもてなしや、美味しい機内食や快適なシートなどについてレポートします。

悲劇に陥っていたところすごくラッキーなことが起きた

先日、韓国のワーホリビザを取得したときの記事で、爆安航空券をゲットしたという話を書いていたかと思います。

あわせて読みたい
【完全版】韓国ワーホリビザの年齢・費用・必要書類・活動計画書の書き方は?「韓国留学」 韓国好きであれば、誰でも一度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか。 最近では韓国留学をする人の数もぐん...

そして渡韓当日、こんな出来事が起こりました。

オッパ
オッパ
あほすぎる…!

この日、ソウルが悪天候だったために、遅延遅延、また遅延、の繰り返しで、なんと計4時間もの遅延が発生する事態に。

そもそも私は勘違いしていた分のフライトに乗るつもりで、その時間に合わせて空港に着いていたので、結局7時間くらい空港で待ちぼうけをくらうことになってしまいました(そもそもフライト間違えてた私が悪いんですけど)。

すると、悲劇に陥っていた私に、予想もしなかったようなラッキーな出来事が舞い込んできました!!!!!!!

もちろん、ばりばり庶民な私はビジネスクラスなんて初めてです。ひとりぼっちでしたが、それはそれは楽しいフライトとなりました。

他の乗客もいたので写真はあまりないのですが、感動したことをひとつひとつその場でスマホにメモ!笑 今日は絶対このことについての記事を書こう、と思っていました。ぜひお付き合いくださいませ。

大韓航空ビジネスクラスは座席からやばい

さすが大韓航空のビジネスクラス、まずは座席からして違います。

シートがやたらと広い

今回私が乗った大韓航空機のビジネスクラスは、1列に6シートで、2シートずつに分かれていました。写真からも分かるように、とにかく広々とした空間であることが分かります。飛行機でこんなに開放感を味わったのは初めて…。

大韓航空ってやっぱりちょっと高いので、渡韓するときには基本的にLCCを利用していたのですが、やっぱりいいですよね。大韓航空の場合、エコノミークラスでも十分すぎるくらいに感じていたのですが、ビジネスクラスの広さはやっぱり全然違いました。

隣に人が座っているのにも関わらず、それすらも感じさせないほど。シートが深々としているので、隣の人の様子が気になることもありませんでした。足元のスペースもとにかく広いので、出入り時に不便な思いをすることもありません。

大きなキャリーケースでも余裕で置けてしまうような広さでした。窓側の席に座っていて、トイレに行きたいときに「ちょっとすみません」と通路側の席の人に立ってもらって…、というやりとりなんかもしなくていいわけです…。

見た目以上に、本当〜に広い!!!!!!!スリッパも用意されていて、靴を脱いでくつろいでいる人も多かったです。

完全に寝れる!ゆったりリクライニングシート

ビジネスクラスといえば、リクライニングシートですよね。足元のスペースがとにかく広いと言いましたが、スクリーン下の空間に足が届かないくらいの広さです(私身長170cm近くあるんですけど)。

そもそもシートがちょっと高いみたいで、床に足が届くか届かないかくらい(私の足が短い可能性あり)。

まあ、でもそれもそのはず。このリクライニングシートは、完全にフラットにすることができるようになっているらしく、大人が一人寝れるくらいの広さに作られているのだそうです。こんなに快適ならヨーロッパでも南米でも余裕で行けそう…。

エコノミークラスよりもはるかに大きなスクリーン

大韓航空はエコノミークラスでもスクリーンが付いてたりしますが、ビジネスクラスのスクリーンはまずサイズがから違いました。サイズが大きい!

でも、自分の足を伸ばしても届かないような距離に設置されているため、ちょっと遠く感じました。まあ、遠いから大きくしてるんでしょうね。私は視力が低いので全く見えず、スクリーンを楽しむことはできませんでした。

ちなみに、イヤホンではなくヘッドホンが用意されていました。

USBポート付きでスマホの充電にも困らない

たまにエコノミークラスでもUSBポート付きの航空機があったりしますが、大韓航空のビジネスクラスにもUSBポートが付いていました。

私が今までエコノミークラスで見たことがあるのはスクリーン横に設置されているものだったのですが、座席側に付いていました。(たぶん遠すぎるから)充電しながら、音楽を聴きながら、とできるので、とっても便利でしたよ。

大韓航空ビジネスクラスはおもてなしレベルが高い

シートはもちろんのことですが、今回大韓航空のビジネスクラスに座らせてもらって、感動したのが「おもてなし」!!

直接座席まで案内してくれる

機内に搭乗する際、入り口で航空券の半券を提示しますよね。その場でCAさんが確認し、座席の方向を教えてくれるかと思います。

ですが、ビジネスクラスの場合、CAさんが直接座席まで案内してくれました。笑 小さな機内用キャリーケースを持ち込んだのですが、それも上げてくれますし…(今まで頼んだときとか重たくて苦しんでいるときにしか上げてもらったことない)。

入国書類は事前にペン付きで配布

韓国に入国する際、書類を書いて提出する必要がありますよね。エコノミークラスだと書類だけ配られるかと思いますが、ビジネスクラスではペン付きで事前に配ってくれました。

普段なら離陸してしばらくしてから配られるイメージだったのですが、座った瞬間にトレイに綺麗に乗せられた書類とペンが運ばれてきて、びっくりしました。笑

ウェルカムドリンクとお菓子のサービス

続いてウェルカムドリンクも運ばれてきました。アルコールはないようで、ジュースばかりでしたが、オレンジジュースとアップルジュース、そしてグァバジュースの中から選ぶことができました。グァバジュースおいしかった…。あと、ナッツも配られました。

上着も預かってくれる

CAさんが座席まで案内してくれたとき「上着お預かりしましょうか」と上着を脱がせてくれました。

預けた上着はどこに行ったんだろう、とは思っていたのですが、着陸直前になるとCAさんがクローゼットのようなところから預かった上着を取り出し、一人一人に返し始めました。おかげさまで、着陸後もすぐに降りることができました。

日本食!大韓航空ビジネスクラスの機内食がおいしい

離陸前にウェルカムドリンクを頂き、無事に離陸してからリクライニングシートを倒し、やっとくつろぐモードに入ることができました。

すると、ベルト着用サインが消えた瞬間にCAさんがやって来て、おしぼりを配ってくれました。(ウェットティッシュじゃなくて、ちゃんとしぼってあるやつ)早速機内食の準備です!!!

なんせ私はビジネスクラスのビギナー中のビギナー。どのように事が進んで行くのかも分かりませんし、テーブルがどこにあるのかも分かりません。隣に座っていた慣れた様子のアジョッシの動きを横目で見ながら、なんとか流れについていくことができました。

そして出てきた機内食がこちら「そば」!!!!!まさかの日本食でした。まさかこうしてビジネスクラスに座らせてもらえるなんて夢にも思っていませんでしたし、搭乗前にお腹を満たしておいたんです。

正直あんまり食欲はなかったのですが、普通においしかったので完食しました。笑 フルーツもしっかりと冷えていて、甘くてとってもおいしかったです。コーヒーも頂きました。

りこりあ
りこりあ
ビジネスクラス最高。

気になる!大韓航空ビジネスクラスの通常価格は?

当日空港カウンターで手配した、福岡から仁川までのエコノミークラス片道航空券32,000円で、ラッキーなことに追加料金一切なしでビジネスクラスに座ることができたわけですが。

今まで気にしたこともなかったビジネスクラス、一体いくらなの!?ってことで、ちょっと調べてみました。

大韓航空のビジネスクラス、日〜木は約40,000円、金土は45,000円くらいが通常価格となっているようです。高っ…。でも、意外にもエコノミークラスと10,000円くらいの差なんですね。まあ、その10,000円が大きいんですけどね。

ちなみに。エコノミークラスを往復で予約すると20,000円〜45,000円くらいで、ビジネスクラスを往復で予約すると64,000円〜72,000円くらいとのことでした。

大韓航空ビジネスクラスを経験してみた感想

今回、ラッキーで大韓航空のビジネスクラスに座らせてもらうことができました。こういう出来事がなければ、これからも経験することがなかったかもしれません。すごくいい経験をさせてもらいました。一時間という、あまりにも短すぎるフライトでしたが。笑

素晴らしいおもてなしを受けて、幸せな気分にさせてもらいました。日本から韓国へのフライトはわずか一時間ちょっとなので、ここでビジネスクラスを利用するのはちょっともったいないな〜とも感じたんですが、普通に利用している人も多かったんですよね

りこりあ
りこりあ
みんな慣れてるしお金持ち風のアジョシばかりで私は浮いていました。

長時間フライトでエコノミークラスで苦しんだ経験がありますが、こうして快適に過ごしてる人たちもいたんだなぁ、と思うと、お金持ちっていいなぁ、とか思ったり。笑

一度経験してしまったからか、ビジネスクラスに対する羨ましさや憧れみたいなものが強まってしまいました…。ああ

あと、ビジネスクラスに座っているからか、外の景色もいつもより一層綺麗に見えました。笑 いつもならエコノミークラスで爆睡しているところです。爆睡できる時点で、私にはやっぱりエコノミークラスが合っているのかもしれませんね。

さいごに

いかがでしたか?

贅沢で快適なフライトを楽しむことができる、大韓航空のビジネスクラスについてレポートしました。ビジネスクラスに乗ることなんて、またラッキーな出来事が起きない限りもうないかもしれませんが、とってもいい経験ができました。

でも、本当に本当に快適なので、長時間フライトを予定している方は、一度検討してみてもいいかもしれません!

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(28)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。