韓国映画・ドラマ

観客動員数1100万人超!大ヒット韓国映画「神と共に」あらすじ・評価・感想まとめ

観客動員数なんと1100万人超!2017年で一番の大ヒットを記録した韓国映画「神と共に」。豪華俳優陣が出演していることもあり、韓国ではかなり話題となっているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「神と共に」のあらすじや評価、実際に見た感想などをまとめました。

韓国で話題のウェブトゥーン「神と共に」が映画化!


出典:http://news.naver.com/

韓国映画「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」が、韓国全土で話題を集めました。ハ・ジョンウ、チャ・テヒョン、チュ・ジフンと、豪華俳優陣が揃って出演しているんです。

韓国ドラマ・韓国映画ファンなら、一度は見かけたことがあるような俳優ばかり。そして、EXOのディオまで。ファンなら絶対見逃せませんよね!ディオは、役作りで坊主頭にしてました。


出典:http://cafe.naver.com/

「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」は、実は原作が「ウェブトゥーン」というウェブ漫画。ウェブ漫画界でもかなり有名な作品でファンも多かったようです。

まあ、だから映画化という話になったんでしょうけど。それより、原作の絵を初めて見ましたが、あまりにも現実離れしているこの雰囲気を実写化しようと思ったのがすごい。笑

あわせて読みたい
【和訳あり】韓国のおすすめウェブトゥーン(WEBTOON)4選韓国のウェブ漫画「WEBTOON(ウェブトゥーン)」を知っていますか?日本の漫画文化といえば紙漫画ですが、韓国ではウェブ漫画が主流。楽し...

2017年一番の大ヒット「神と共に」観客動員数1100万人超


出典:http://news.naver.com/

「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」が公開したのは、2017年12月20日。あっという間に前売り率・観客動員数共に1位を記録!

公開から20日ほどが経った、2018年1月10日時点で、1100万人超もの観客動員数を達成しました!(同時点、前売り率は3位に下がっています)制作費はなんと100億ウォンを超えたんだとか…。


出典:http://www.newscj.com/

韓国映画界では、観客動員数が400万人を超えると「ヒット映画」、1000万人を超えると「大ヒット映画」と言われるのだそうです。

日本と韓国ではそもそも人口が違いますし、約5000万人の人口を持つ韓国で観客動員数1100万人以上というと、韓国人の5人に1人以上がこの映画を見ているってことになるわけですよね。そう考えると本当にすごい数字なんです。


出典:https://ice0228.blog.me/

韓国映画「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」がここまで爆発的な人気を誇ったのには、豪華俳優陣の力もあると思います。世界的アイドルグループであるEXOのディオや、演技派俳優が勢揃いしているということで、公開前からかなり期待されていました。

俳優それぞれのファン、原作ウェブトゥーンのファン、様々な方向から注目を浴びていたようです。


出典:http://news.naver.com/

韓国映画「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」が高い関心を集めていたもう一つの理由に「CG」があります。先にご紹介したように、原作の雰囲気は現実世界と似ても似つきません。

そのため、全面的にCGが使用されているのですが、そのCGのクオリティーが高いと称されているんです。CGが駆使されており、大スケールな演出に仕上がっています!

あらすじ

冥土法によると、すべての人間は死後49日間、7回の裁判を経なければならない。殺人、堕落、偽り、不正、背信、暴力、天倫、7つの地獄で7回の裁判を無事に通過した亡者だけが生まれ変わって新しい人生を始めることができる。 「キム・チャホンさんは、今日、予定通り無事に死亡しました」 火災事故現場で女の子を救い、死を迎えたジャホン(チャ・テヒョン)。彼の前に冥土使いヘ・ウォンメク(チュ・ジフン)とトクチュン(キム・ヒャンギ)が現れる。自身の死を未だ信じられないが、トクチュンは正しい亡者であり彼を褒め称える。冥土に向かう入口、門で彼を待つまた一人の使いガンリム(ハ・ジョンウ)、彼は使いのリーダーであり今後、ジャホンが体験しなければならない裁判で弁護を引き受ける弁護士でもある。

引用:Wow!Korea

「神と共に」韓国映画界史上初の2部作映画!


出典:http://cafe.naver.com/

実は、この韓国映画「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」、韓国映画界初の2部作映画となっているんです。今回ご紹介したのは1部ですが、すでに2部も撮影が終わっており、2018年夏頃に公開予定と言われています。

2部にはこの方!「マブリー」こと、マ・ドンソクも出演するとのこと。原作のキャラクターを見る限り、ぴったりな役柄ですね。笑

あわせて読みたい
【19禁】韓国映画「犯罪都市」グロいけど目が離せない面白さ!2017年秋に注目を集めた韓国映画「犯罪都市」。いよいよ日本でも公開されましたね!マ・ドンソク主演の映画で、凶悪犯罪係の刑事たちのストー...


出典:http://post.naver.com/

ちなみに、韓国映画「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」に登場するキャラクターの、原作と俳優の照らし合わせがこちら。なんとなく分かるような…、分からないような。笑

2部の予告編ということで、1部のクレジットクッキー(映画の最後に出てくるおまけ映像)に、マ・ドンソクが登場します。マブリーは韓国で大人気の俳優なので、登場した瞬間に館内がざわついていました。笑

韓国映画「神と共に」の評価と感想まとめ

大注目の韓国映画「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」ですが、ダントツの観客動員数を誇っているのにも関わらず、意外にも賛否両論があるようで。全体評価とプラス評価、マイナス評価をまとめてみました。

観客評価 8.75
記者・評論家評価 5.92
ネチズン評価 7.98

プラス評価

  • 正直ここ三年くらいの映画の中で一番面白かった
  • 原作と異なる部分が多かったけど、映画は映画で面白くて満足
  • 号泣した。一生懸命、そして優しく生きようと思った
  • 家族で一緒に見るのにはぴったりの映画だと思う
  • 小さくても罪を犯しながら生きてはいけないんだと改めて感じさせられた
  • 笑いあり、涙ありの面白い映画だった
  • ストーリーも演技も、CGもすごく良かった
  • 伊達に1位を張っている映画ではない!また見たいくらい

マイナス評価

  • ストーリーが幼稚すぎてすぐに飽きてしまった
  • 観客を泣かせようとしているだけで、展開がつまらなかった
  • 原作が素晴らしかっただけに、映画の残念度が高かった
  • どうして1000万人も動員したのか理解できない
  • 豪華俳優陣を使っているのに、過度なCGと幼稚なストーリーで残念な結果に
  • 小学生向けの映画で幼稚すぎて大人にとっては面白くない
  • 有名な俳優たちを集めておいてこの程度の映画を作るのか
  • 深刻すぎる面白くなさ!途中で出て行く人も多かった

実際に見た感想


出典:http://www.mediaus.co.kr/

韓国映画「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」私も実際に見に行ってきました!その感想ですが、結論から言うと、すごく面白くなかったです。

韓国のウェブ漫画「ウェブトゥーン」が原作ということですが、わざわざ実写化する意味はあったのかなと思いました。原作を読んだことはありませんが、原作の良さを潰してしまっているんじゃないのかな、とも。


http://www.ajunews.com/

この映画の見どころの一つが「CG」とのことでしたが、あまりにもCGが多すぎる!「幼稚」と言われている理由も分かる気がします。これだったら、登場人物まで全てCGか、なんなら原作の絵そのままでアニメで見たかったな〜、と思いました。

思わず途中で出て行きたくなるほどではなかったですが、飽きてしまって「早く終わらないかな〜」と最後の方はぼけっとして終わりました。まあ、家族愛みたいな泣かせてくるシーンではしっかりと泣いたんですけどね。笑


出典:http://news.naver.com/

そして個人的などうでもいい感想ですが、こちらの女優さん(キム・ヒャンギ)が、オカリナ(おかずクラブ)のオカリナに見えてしまって、ところどころ内容に集中できませんでした。笑


出典:http://post.naver.com/

というわけで「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」は正直どうして1100万人もの観客動員数を誇ったのか、個人的には不思議でしょうがない映画でした。

でも、2部に「マブリー」ことマ・ドンソクが出演するということで、多分懲りずにまた見に行くことになるんだろうな、と思ってます。マブリー、すっごくいいんですよね…。(「マブリー」=「マ・ドンソク」+「ラブリー」)笑

あわせて読みたい
【19禁】韓国映画「犯罪都市」グロいけど目が離せない面白さ!2017年秋に注目を集めた韓国映画「犯罪都市」。いよいよ日本でも公開されましたね!マ・ドンソク主演の映画で、凶悪犯罪係の刑事たちのストー...

さいごに

いかがでしたか?

2017年で一番の大ヒットを記録した韓国映画「神と共に -罪と罰-(신과 함께 -죄와 벌-)」のあらすじ・評価・感想をまとめてご紹介しました。

1100万人もの観客動員数を誇る大ヒット映画ですが、観客からの評価は賛否両論…。好き嫌いがはっきり分かれそうな映画なので、気になる方は一度見てみてください。個人的にはマイナス評価でしたが…、続編の2部に期待したいと思います!

https://re-korea.com/2018/07/23/service-kocowa/

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!2~3日以内に返信します。(手続き関係は各役所にお問い合わせください ^^)