語学留学・ワーホリ

【完全版】韓国ワーホリビザの年齢・費用・必要書類・活動計画書の書き方は?

「韓国留学」

韓国好きであれば、誰でも一度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか。

最近では韓国留学をする人の数もぐんと増え、韓国留学というものが以前よりも身近なものになってきています。

韓国留学と一口に言ってもさまざまで、いろんなビザの種類が存在しますが、その中でも特に人気があるのが「ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ」。

この記事では、韓国のワーホリビザとは一体どんなビザなのか、そして必要書類や活動計画書の書き方、申請方法から受け取りの流れ、申請時の注意点まで、まるごとご紹介していきます。

CONTENTS

韓国ワーホリビザってどんなビザ?

そもそも、韓国のワーキングホリデー(ワーホリ)ビザとは、どんなビザなのでしょうか。

ワーホリビザの正式名称は「観光就業(H-1)ビザ」といい、主な目的は「観光」になりますが、滞在中の資金を補うために就労することが許可されているビザになります。

ワーホリビザで韓国語学堂や韓国語学院に通うこともできるのですが、あくまで渡韓目的のメインは「観光」!

就労や就学をメインに考えている方には発給されない場合もあるとのことですので、申請時には注意が必要です(詳しくは後述します)。

 

韓国ワーホリビザには年齢制限がある!

韓国のワーキングホリデー(ワーホリ)ビザは、実は誰にでも発給されるものではありません。

ワーホリビザの申請には年齢制限が設けられており、申請時の年齢が満18歳以上満30歳以下でなければならないんです。

以前は「韓国は適当な国で、担当者によっては30歳を超えていても取得できることがある」などといった情報が流れていましたが、現在これはかなり稀な例だと思います。

私が申請した時には、しっかりと年齢確認をされました。

りこりあ
りこりあ
30歳ギリギリでワーホリビザ申請を悩んでいる人は、ぜひこの機会に挑戦しましょう!
あわせて読みたい
【韓国留学を決意した理由】迷っているなら踏み出そう!経験した上でおすすめします韓国が大好きな人たちの中には「韓国留学」に興味を持っている人、また本気で考えている人、行きたいけど迷っている人もたくさんいるのではないか...
あわせて読みたい
韓国留学 お金ない
【韓国留学】効率的に留学資金を貯める方法【お金がなくても諦めるな】 韓国留学したいけど、お金がありません。諦めるしかないんでしょうか。 REKOREA 公式LINE@にて韓国に関する質問...

 

韓国ワーホリビザで滞在できる期間は?

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを取得すると、最長1年間、韓国での滞在が可能です!

最長が1年なので、1年未満でワーホリを終えて帰国する分には問題ありません。ただし、少なくとも3ヶ月以上ワーホリ期間として滞在することが条件となります。

オッパ
オッパ
韓国に入国後、外国人登録という手続きをすれば、1年間自由に韓国の出入国を繰り返すことができます。一時帰国も海外旅行もOK!
あわせて読みたい
【韓国留学/ワーホリ】外国人登録証申請の必要書類・申請書書き方・予約方法まで!ワーホリビザ・語学留学ビザを取得し、いざ韓国へ入国。 これからの楽しい韓国生活の始まりに胸が膨らむところですが、実は安心するにはま...

 

韓国ワーホリビザの取得に必要な費用

韓国のワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの取得に必要な費用は「約30万円(250米ドル)」以上」になります。

といっても、一定期間韓国に滞在することのできる資金の証拠として、残高証明書を提出するのに必要なだけ。

つまり、家族に一時的にお金を借りて、残高証明書だけを発行するという手もありなわけです。実際に支払う必要はありません!

ちなみに、ワーホリビザの申請手数料は無料です。残高証明書についても、詳しくは後述しますね。

Q「ワーホリの資金はどれくらい貯めるべきですか?」

りこりあ
りこりあ
もしワーホリビザで語学堂に通うのであれば

  • 半年:85万円〜95万円
  • 1年:145万円〜155万円

語学堂に通う予定がないのであれば

  • 滞在月数×10万円

最低でもこのくらいは用意しておいたほうがいいと思います。

 

韓国ワーホリビザを取得するメリット

韓国ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを取得するメリットを、一般研修(D-4)ビザ(いわゆる語学留学ビザ)と比較しながらご紹介していきます。

ワーホリビザと一般研修ビザで、どちらを申請するか悩んでいる人も、ぜひ参考にしてみてください!

  1. 韓国に1年間滞在することができる
  2. 渡韓してすぐに就労(アルバイト)が可能
  3. 就労や就学をしなくても韓国に滞在することができる
  4. 資金が少なくても韓国に滞在することができる

 

韓国に1年間滞在することができる

ワーホリビザの期間は最長1年と決められていますが、一般研修(D-4)ビザの場合、韓国語学堂や韓国語学院に在籍する期間に限り滞在可能なビザになります。

韓国語学堂や韓国語学院を卒業したり辞めたりすると、その時点で一般研修ビザは失効してしまうのです。

 

渡韓してすぐに就労(アルバイト)が可能

一般研修(D-4)ビザの場合は韓国語学習がメインとなるため、渡韓して半年後に就労が可能となります(しかも許可を得なければなりません)。

しかしワーホリビザの場合、入国後すぐにアルバイトを始めることができます。しかも就労期間に特に制限がないため、1年間自由に働くことができます!ただし、年間1300時間までと総労働時間に制限があることは覚えておきましょう。

 

就労や就学をしなくても韓国に滞在することができる

一般研修ビザの場合、就労や就学をしなくても、1年間韓国に滞在することができます。韓国生活や韓国国内旅行を満喫したい方にはぴったりのビザです。

語学堂に通うもアルバイトをするも、そのあたりは自由です。

 

資金が少なくても韓国に滞在することができる

一般研修ビザの場合は就学が条件となるため、滞在費の他、学費も必要となってきます。

さらには渡韓後半年間は就労も禁止されているため、最低半年間は働かずとも生活ができるだけの十分な資金を貯めておく必要があります。

ですが、ワーホリビザの場合は就学が絶対条件ではないため、学費の心配をしなくていいんです!

そして、渡韓後すぐに就労(アルバイト)ができるので、渡韓してから資金を稼ぐこともできるわけです。

 

韓国ワーホリビザを取得するデメリット

  1. 韓国語学習をメインとするのにはあまり向いていない
  2. ワーホリが就職に有利になるとは言えない

 

韓国語学習をメインとするのにはあまり向いていない

韓国語学習を渡韓目的のメインと考えるのであれば、一般研修ビザを取得する方がいいと思います。

一般研修ビザで渡韓し、例えば半年間で就学を終えるとします。そしてその後にワーホリビザに切り替えると、より長く(この場合は1年半)韓国に滞在することができるからです。

あわせて読みたい
韓国語学留学「D-4ビザ」まるわかり!必要書類・申請方法・ビザ取得の注意点まとめ この記事では、韓国の「D-4(一般研修)ビザ」についてご紹介していきます。 D-4ビザはいわゆる「語学留学ビザ」で、韓国語...

 

ワーホリが就職に有利になるとは言い切れない

「留学」というと、就職活動で有利になるようなイメージがありますが「ワーキングホリデー」の場合、面接で有利になるとは言い切れないんです。

ワーホリビザはあくまでも「観光」をメインとするビザなので、それを「遊び」と捉える人も少なくはないとのこと。

どれだけたくさんのことを経験し、どれだけたくさんのことを吸収するかにもよるとは思いますが「留学」を就職に生かしたいのであれば、正規留学(韓国の大学や大学院への進学)や交換留学をする方がいいのかもしれませんね。

 

韓国ワーホリビザ申請に必要な書類や準備物

韓国ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを申請する際に、必要となる書類や準備物をまとめました!

漏れのないように、しっかりと用意していきましょう。

  1. ビザ申請書
  2. パスポート
  3. カラー写真1枚
  4. 活動計画書
  5. 往復長期航空券コピー
  6. 最終学歴証明書
  7. 残高証明書

 

ビザ申請書

まずは、ビザ申請書。

一般研修用ビザ申請書、ワーキングホリデー用ビザ申請書、などと分かれているわけではありません。ビザ申請書は、ビザの種類問わず統一されています。

申請書は駐日各韓国領事館に置いてありますが、公式ホームページからのダウンロードも可能です。ダウンロード方法と記入方法(書き方の見本)については後述します。

Q「ビザ申請書の記載内容に誤りがあった場合、修正していいのでしょうか?書き直さなければいけませんか?」

りこりあ
りこりあ
結論から言うと、問題ないようです。

私自身、修正した申請書を提出しましたが特に指摘もされず、無事に受理されました。内容さえしっかりと書けていれば大丈夫なのでご安心を!

 

パスポート

次に、パスポート。

パスポートは、残存期間3ヶ月以上のものを用意しましょう。

Q「パスポートの有効期限が留学中に切れてしまいます」

りこりあ
りこりあ
韓国滞在中でも日本領事館で更新することができますが、いろいろと面倒なので日本で更新を済ませてから渡韓することをおすすめします!

 

カラー写真1枚

続いて、カラー写真を1枚。

35mmx45mmのカラー写真が必要です。背景は白(韓国は写真の規定が厳しいので青背景は不可)。帽子は着用しない正面の写真で、撮影日から6ヶ月以内のものでなければなりません。

Q「パスポート写真と同じものを使いたいのですが、青背景は絶対にだめなのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
パスポート写真と同じサイズなので、使い回したくなるところですが…。上記にもあるように、韓国はなぜか写真の規定がかなり厳しいので、絶対に白背景のものを用意しましょう!

外国人登録の際にも同じサイズの写真が必要となるので、パスポート申請から始まる方は、最初から白背景の写真を用意しておくことをおすすめします。

あわせて読みたい
【韓国留学/ワーホリ】外国人登録証申請の必要書類・申請書書き方・予約方法まで!ワーホリビザ・語学留学ビザを取得し、いざ韓国へ入国。 これからの楽しい韓国生活の始まりに胸が膨らむところですが、実は安心するにはま...

 

活動計画書

韓国のワーホリビザを申請するにあたり、一番面倒な書類作成がこちら「活動計画書」です。

渡韓後、韓国で生活しながら何をする予定なのか、月単位に記入していきます。日本語は不可で、韓国語または英語で記入しなければなりません。

活動計画書は、特に様式が決められていないため、自由に作成していいのですが…。「自由に作成」が一番困りますよね。

ということで、私が実際に提出した活動計画書の様式と、書き方の見本を後にご紹介します。

 

往復長期航空券コピー

往復長期航空券のコピーの提出も必要です。

Eチケットのことですね!こちらが安くておすすめです。

往復長期航空券の期間ですが、ワーホリビザの申請なので、短くても3ヶ月以上のものを用意しましょう。

あくまでも申請の際に必要なものなので、申請後にキャンセルしたり変更したりしても問題ありません

例えば2ヶ月後に一時帰国を予定していたとしても、ビザが発給された後にキャンセルまたは変更し、新しい日程で航空券を押さえればOK!

逆に、まるまる1年滞在を予定していたとしても、まだ航空会社の方でフライト日程が出ておらず、12ヶ月先の復路を予約できない場合もあります。

その時は、10ヶ月先、11ヶ月先の復路を押さえ、これまた後に日程を変更すれば、きっかり1年間滞在しても問題ありません。

私は10ヶ月の往復長期航空券で申請しました!

Q「オープンチケットのことですよね?」

オッパ
オッパ
往復長期航空券=オープンチケットというわけではありません。

オープンチケットまたはオープン航空券とは、予約時に利用するフライト(便)を指定しないで購入できる航空券のこと。 当然、搭乗区間は指定する。 一般的には行きの往路は便まで指定しておいて、帰りの復路のみ便を指定しないでおく利用が多い。 有効期限が設定されているのが普通で、復路の日時が未定のときに便利な航空券となっている。

引用:https://www.traveltowns.jp/

りこりあ
りこりあ
オープンチケットを購入したとしても、往復の日程(フライト)を押さえておかなければ、申請が通りません。

ワーホリビザを取得するためには、往復の日程が決まっている航空券が必要となるのでオープンチケットはおすすめしません(高い上、往復日程を押さえなければならないのでオープンである意味がありません)。

Q「スマホ画面でEチケットを提示してもいいのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
「書類」として提出する必要があるため、画面提示だけではビザ申請はできません!必ずプリントアウトしてくださいね。

Q「予約番号の控えを提出すればいいのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
乗客名、予約番号、航空券番号、フライト情報が記載されたものをプリントアウトして提出してください。以下のようなものですね。

ちなみに、カラーでも白黒でもどちらでも構いません。

Q「往路と復路の航空会社が異なっても問題ありませんか?」

りこりあ
りこりあ
問題ありません!往復日程を押さえた航空券さえあれば大丈夫です。

Q「往復航空券の期間が1年に満たない場合、ビザもその期間分しか発給されないのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
往復航空券の期間に関わらず、ビザは入国予定日から1年分発行されます!

 

最終学歴証明書

最終学歴証明書も一部提出します。

卒業したのであれば「卒業証明書」、在学中であれば「在学証明書」が最終学歴証明書になります。

学校に直接行って発行してもらうこともできますし、遠方の場合には郵送してもらうこともできます(学校によって異なる場合があるので要確認)。

証明書の様式は、日本語または英語のどちらかになります。私は日本語の証明書を提出しましたが、問題ありませんでした。

Q「通信制大学や専門学校でも最終学歴になるのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
どちらも最終学歴になります。「最終学歴」とは、最後に卒業した学校ではなく「その人の学歴の内、最も水準の高い教育機関の卒業歴」のことを指しています。

たとえば、大学を卒業後に専門学校を卒業した場合、大学が最終学歴となるのでご注意を!

Q「卒業証書や成績証明書でもいいですか?」

りこりあ
りこりあ
どちらもNGです!必ず最終学校で「卒業証明書」または「在学証明書」を発行してもらってください。

Q「残高証明書は英文じゃないとだめですか?」

りこりあ
りこりあ
英文のほうが望ましいと言われているようですが、和文でも構いません。

私は和文で提出しましたが、問題なく受理されました。

 

残高証明書

渡韓後、一定期間(3ヶ月)滞在することのできる費用を所持していることの証明として、残高証明書も提出しなければなりません。

米ドル基準で、250ドル以上(約30万円以上)自分名義の通帳に入っている必要があります。

あくまでも申請の際にのみ必要となる書類なので、残高が不足している場合に、家族や友人から一時的にお金を借りて残高を増やすという手もありです!

ちなみに、残高証明書は、お金が入っている銀行(または郵便局)に行って「残高証明書を発行してほしい」と伝えればOK。

即日発行してもらえる銀行もあれば、後日郵送の銀行などもあるので、要確認です!後日郵送となる場合には、できるだけ早めに発行手続きを済ませておきましょう。

Q「残高証明書類は通帳のコピーでもいいですか?」

りこりあ
りこりあ
通帳のコピーはNGです!必ず「残高証明書」を発行してもらってください。

Q「残高証明書は英文じゃないとだめですか?」

りこりあ
りこりあ
英文のほうが望ましいと言われているようですが、和文でも構いません。

私は和文で提出しましたが、問題なく受理されました。

Q「残高証明書の発行日は関係ありますか?」

りこりあ
りこりあ
関係あります!ビザ申請日から3ヶ月以内に発行されたものを提出しましょう。

 

韓国ワーホリビザ申請書のダウンロード方法

ワーホリ ビザ

ビザ申請書は、駐日本国大韓民国大使館または駐日各韓国領事館の公式ホームページにて、ダウンロードすることができます。

トップページの真ん中より下部分を見ると「ビザ申請書」と書かれているので、そこをクリック。PDFファイルでダウンロードが可能です。

ダウンロードが完了したら、A4用紙でプリントアウトしましょう。

 

韓国ワーホリビザ申請書の記入方法(書き方見本)

ビザ申請書は韓国語と英語で書かれており、記載もハングルまたは英文でなければなりません。

書き方で迷う方もいらっしゃると思うので、ビザ申請書の書き方見本をご用意しました。ぜひ参考にしてみてください!(パソコン推奨:ダウンロード可能)

りこりあ
りこりあ
サイトやブログへの無断転載は禁止とさせて頂きます。

Download (PDF, 2.69MB)

Q「(6.1)の『학력(学歴)』の選択肢に『短大(associate degree)』がないのですが…。」

りこりあ
りこりあ
「その他」にチェックを入れ、下の()に「associate degree」と記入しましょう!

Q「(9.1)の『입국목적(入国目的)』はどのように記入すればいいですか?」

りこりあ
りこりあ
「ワーキングホリデー」というチェック欄がないので「その他」にチェックを入れて、下の()に「Working Holiday」と記入すればOKです!

Q「(9.2)の『체류예정기간(滞留予定期間)』はどのように記入すればいいですか?ワーホリ最長期間の『12months』でしょうか?」

りこりあ
りこりあ
滞留予定期間は往復航空券の期間分をざっくり記入します!

例えば一時帰国を予定していて「6months」と記入したとしても、最長1年のビザが発給されますのでご安心ください(途中で予定が変わっても大丈夫です)。

 

韓国ワーホリビザ活動計画書の記入方法(書き方見本)

先にご紹介した、ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ申請時に必要な書類のひとつ「活動計画書」の記入方法についてです!

ワーホリビザ申請のための準備書類の中で、最も面倒なのが、活動計画書の作成。

韓国語または英語で作成しなければならない上に、様式が決まっておらず、自由作成(手書きも可)となっているんです。やっかいですね。

ということで、今回は私が実際に作成し提出した活動計画書の見本と、同じ様式のフォーマットをご用意しました(日本語下書き用&韓国語清書用)。

こちらもサイトやブログへの無断転載は禁止させて頂きますが、書類作成の際にはご自由にご利用ください(パソコン推奨:ダウンロード可能です)。

Download (XLSX, 103KB)

活動計画書は、あくまでも「予定」なので、想像で記入して構いません。

ただし、ワーホリビザは「旅行」を渡韓目的のメインとしたビザなので、旅行の予定を多めに盛り込むことをおすすめします。

1年間びっしりと就労予定、就学予定だったりすると、発給されない場合もあるとのことですので、要注意。

月単位で3つから4つずつ程度、箇条書きで予定を記入します。入国日と帰国日については、長期往復航空券の日程を記入しました。

また、志望理由や帰国後の予定なども重要なポイントとなっているようです。特に、帰国後の予定には「ワーホリで経験したことを生かしたことに挑戦したい」といったニュアンスが含まれているとより良いとのこと。

ちなみに、渡韓後に発行しなければならない「外国人登録証」を申請する際、またもや活動計画書が必要となります。

その際には韓国語で記載しなければならないため、コピーして同じものを提出できるよう、ビザ申請時にも韓国語での記載しておくことをおすすめします。

あわせて読みたい
【韓国留学/ワーホリ】外国人登録証申請の必要書類・申請書書き方・予約方法まで!ワーホリビザ・語学留学ビザを取得し、いざ韓国へ入国。 これからの楽しい韓国生活の始まりに胸が膨らむところですが、実は安心するにはま...

 

Q「手書きの場合、用紙はルーズリーフでも構いませんか?」

りこりあ
りこりあ
特に指定はないようなので、ルーズリーフでも問題ないと思います。

Q「手書きの場合、枠組みはPCで作成するべきですか?」

りこりあ
りこりあ
こちらも特に指定はないため、全て手書きでも問題ありません。上記のフォーマットには枠を作っておりますが、枠組みなしでも構いません。作成方法は自由です。

Q「まる1年滞在予定であっても、航空券の往路日程に合わせた内容を記載しておけばいいのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
その通りです。例えば航空券の都合上、往路日程が10ヶ月後になった場合、10ヶ月間の活動計画を記入して提出すればOK。「一時帰国」という形で全期間記入してもいいかもしれませんが、長くなるだけですし省いてもいいと思います。笑

Q「用紙のサイズに指定はありますか?」

りこりあ
りこりあ
特に指定はありませんが、他の書類と合わせてA4サイズにしておくといいと思います。

 

駐日各韓国領事館で韓国ワーホリビザを申請!

全ての準備が整ったら、いよいよ韓国ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの申請です!

管轄の駐日各韓国領事館へ行きましょう。

駐日各韓国領事館は、日本の土日祝日および韓国の祝日が休業日(詳しくは公式ホームページ参照)となっています。

午前中の営業時間は9時から12時までらしいのですが、ビザ申請は9時から11時半までということなのでお早めに!(駐日各韓国領事館で異なる場合も有り)

駐日各韓国領事館に入館する前に、身分証の提示、訪問目的などの書類記載を済ませ、いざ入館!

福岡韓国総領事館の場合、番号札などもなかったので直接窓口へと向かい、ワーホリビザ申請の旨を伝えました。

そして、用意した書類を全て提出。書類に不備がないことの確認が終わったら、発給日と時間、そして引き換え用紙を貰いました(パスポートはそれまで預ける形になります)。

Q「ワーホリビザの申請には、申請期間などがあるのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
申請期間はありませんので、いつでも大丈夫です。ご自分のタイミングで申請されてください。

Q「ワーホリビザはいつ頃申請するのがベストですか?」

りこりあ
りこりあ
渡韓予定日の1ヶ月前くらいに申請しておけばいいかと思います。遅くても2週間前までには申請は済ませておきましょう。

Q「どこの領事館でもビザの申請はできるのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
どこでもいいわけではありません!管轄の領事館にて申請を行うようにしてください。
あわせて読みたい
【韓国ビザ申請】日本全国にある韓国総領事館の管轄地域まとめ【都道府県別】 D-4ビザ(一般研修ビザ)、H-1ビザ(ワーホリビザ)、F-6ビザ(結婚移民ビザ)などなど…、韓国のビザを申請するにはどこに行け...

 

郵送不可!韓国ワーホリビザの受け取り方法

韓国の一般研修ビザの場合、窓口での受け取りも郵送での受け取りも両方可能でした。

ですが、ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの場合は郵送での受け取りができず、直接窓口まで受け取りに行く必要があります

ワーホリビザは申請日の翌日に発給されると言われていますが、私の場合は1週間もかかりました。

駐日各韓国領事館が家から遠い場合は特に、事前に電話して申請予定日を伝え、発給予定日を確認しておきましょう。

翌日発給であれば近くに宿泊し、数日かかるようであれば、後日改めて出直す必要がありそうです。

ネット上で「ワーホリビザを郵送で受け取った」というようなコメントを見かけたこともありますが、一般社団法人 日本ワーキングホリデー協会の公式ホームページでも「窓口で発給」と記載されていますし、私も実際に窓口で「郵送はできない」と言われました。(2018/01/05時点)

ちなみに、ビザ申請は午前中ですが、ビザ発給(受け取り)は午後で13時半から16時までとのことでした!

Q「ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザは、発給までに何日かかりますか?」

りこりあ
りこりあ
上記にもあるように、翌日発給と言われていますが、1週間はかかると見ていたほうがよさそうです。

 

韓国ワーホリビザ申請で事前にしておいて良かったこと

私が今回、韓国ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを申請するにあたり、事前にしておいて良かったなと思ったことをまとめてみました。

ワーホリビザ申請をもっと効率よく、スムーズに、そしてお得に済ませるため!ぜひぜひチェックしてみてください。

 

韓国ワーホリビザ申請書の事前記入

ワーホリビザ申請書は、先にご紹介した通り駐日各韓国領事館に置いてあるのですが、公式ホームページでもダウンロードが可能です。

ビザ申請書は韓国語と英語でしか書かれておらず、記入もハングルまたは英文のみと限られています。枚数も5枚と、多めです。

今回は自宅でダウンロードし、記入も全て済ませて行きました(不備があれば窓口で教えてもらえます)。その場で書き始めている人も周りに何人かいましたが、やっぱり時間がかかっているようでしたよ。

窓口でワーホリビザの申請に来た旨を伝え、全ての書類を提出。書類に不備がないかを確認してもらい、パスポート(ビザ)の受取日を確認して終了。ここまで、10分もかかりませんでした。

申請書は事前に記入して行くことを強くおすすめします

 

長期往復航空券を格安で予約できた!

ワーホリビザ申請のための書類を用意するにあたり、長期往復航空券でもかなり悩みました!

というのも、正規の航空券はとにかく高いんです。安いもので7万円、高いものだと10万円を超えるものもありました。

ビザが発給された後にキャンセルし、LCCで予約し直す、という手もあったのですが、できることなら手数料は取られたくないし、手間も省きたいところ…。

とにかくいろんな航空券販売サイトを探しまくってみたところ、なんと(福岡-仁川)往復(10ヶ月間)13,000円という爆安な航空券を発見しました!笑(※受託手荷物なし)

どうせ高いし…、と諦めてはいけません!とにかくいろんなサイトで、いろんな日程で、探しまくってみてください。個人的には、こちらが安くておすすめです。

 

証明写真はコンビニで格安プリントアウト

証明写真は、駐日各韓国領事館でも撮影することができるので、間に合わなくても最悪その場で撮影すればいいのですが、証明写真の機械って高いし、盛れないですよね。笑

ということで、200円という格安な料金でプリントアウトできる、コンビニの「ネットプリント」をおすすめします!

スマホで撮影した写真を、コンビニのコピー機で気軽に証明写真としてプリントアウトすることができるというアレですね。

安いし盛れるし、一石二鳥!

私はいつも、セブンイレブンのネットプリントを利用しています。35mm×45mmの証明写真は、4枚付きでした。

渡韓後に「外国人登録」をする際にも同じサイズの証明写真が必要となるので、大事にとっておきましょう。

あわせて読みたい
【韓国留学/ワーホリ】外国人登録証申請の必要書類・申請書書き方・予約方法まで!ワーホリビザ・語学留学ビザを取得し、いざ韓国へ入国。 これからの楽しい韓国生活の始まりに胸が膨らむところですが、実は安心するにはま...

 

ネットバンクの残高証明書を早めに発行

私はネットバンクを利用しているのですが、窓口が近所にあったので直接残高証明書の発行をお願いしてきました。

でも、窓口だからといってその場で発行してもらえるわけではないんですね。結局、郵送をお願いして一週間くらいで受け取ることができました。

早めに発行手続きをしたから間に合ったものの、少し遅れていたら申請予定日に間に合わないところでした。

各銀行によって発行日が異なるようなので、事前に電話して確認してみることをおすすめします。

 

韓国ワーホリビザ申請で失敗したこと

私が韓国ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを申請するにあたって、失敗したことをまとめました。

なかなかもったいないことをしてしまったり、焦ったりしてしまったので、これからワーホリビザの申請を検討している方は、私の二の舞にならないように…!

 

最終学歴証明書の発行が予約必須だった

以前、卒業校に最終学歴証明書の発行をお願いしたところ、窓口で即日発行してもらえたので、特に何の確認もせずに卒業校を訪ねました。

すると「事前に発行手続きされてますか?」と言われ、さらには「予約が必須なので、後日郵送となります」とのこと…。

ちなみにこの日、最終学歴証明書を発行してもらった後、そのままワーホリビザの申請に行く予定でした。

りこりあ
りこりあ
これはやばい。汗汗

卒業してからしばらく経っていたので、無理言って即日発行してもらえたのですが、やっぱりちゃんと確認しておくべきでした。

これがもし卒業して間もなかったりすると、即日発行は難しかった…、とのこと。

学校によって異なるので、事前に最終学校に問い合わせておくことをおすすめします

 

長期往復航空券の往路日程のミス

長期往復航空券を13,000円という爆安な料金で予約できたわけですが、往路日程にミスがあり、結局手数料を支払って日程を変更することになりました。涙

ネット上の情報から「韓国ワーホリビザは申請した翌日に発給される」と思い込んでいて、そのつもりで航空券の日程も押さえていたのですが、ビザ発給日が私の渡韓予定日よりも「後」(申請日から1週間後)だったんです。

念のために一応確認しておこうと思い、申請前にその事実が発覚したから良かったんですが(航空券は変更してから申請に行けました)もしそのまま申請していたら、ビザが発給されないところでした。

りこりあ
りこりあ
危なかった。汗汗

渡韓日程ぎりぎりにビザ申請するのは危険!最低1週間は余裕を持って申請しましょう!

 

韓国ワーホリビザの取得における注意点!

韓国ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの取得における、注意点についてもまとめてみました!

上記にもありますが、大事なことなのでもう一度振り返っておきましょう。

  1. 韓国ワーホリビザの取得は満30歳まで
  2. 韓国ワーホリビザの取得は一度限り
  3. 長期往復航空券は復路の日程も必須
  4. 韓国ワーホリビザ取得後は渡韓予定日まで渡韓禁止
  5. 外国人登録証を発行するまでは出国禁止

 

韓国ワーホリビザの取得は満30歳まで

まずは、韓国ワーホリビザの年齢制限について。

満30歳までと決められています。申請時に満30歳であれば渡韓日に31歳になっていたとしても問題ないとのことです。

年齢制限(上限)がないのは一般研修ビザで、ワーホリビザではありません!

りこりあ
りこりあ
年齢制限に引っかからないように、気を付けましょう。

 

韓国ワーホリビザの取得は一度限り

韓国ワーホリビザの取得は、一度限りと決められています!どんな理由であっても、二度目の申請は認められません。

以前は「担当者によっては二度目の申請が出来たという人もいる」などといった噂が流れていましたが、最近ではあまり聞きません。

たった一度限りの韓国ワーホリビザ。満30歳までという年齢制限があるので、なるべく早く!と思いがちですが、タイミングをよく考えることも大事です。

 

長期往復航空券は復路の日程も必須

長期往復航空券についてです。

たまにオープンチケット(フライト[日程]を後から決定できる)を購入する人がいるようなのですが、ワーホリビザ申請時、往復の日程が決まっていなければ申請を受け付けてもらえません

オッパ
オッパ
必ず往路も復路も日程が決まっている航空券を用意するようにしましょう。

 

韓国ワーホリビザ取得後は渡韓予定日まで渡韓禁止

韓国ワーホリビザが発給された後は、渡韓予定日(ワーホリ開始日)まで、渡韓は禁止です!

正確に言うと、渡韓はできるんですが、ビザを持って入国することになるため、例えそれが2泊3日の旅行であったとしても、事実上ワーホリがスタートしてしまうんです。

余裕を持って申請することは大事ですが、次の渡韓は旅行ではなく「ワーホリ」と決めてから申請するようにしましょう。

次に続くのですが、例え短期の旅行で入国したとしても、ワーホリの期間が始まってしまっているため「外国人登録証」を発行するまでは、日本に戻ることができなくなるんです。

そして、予定していたワーホリ期間も前倒しになってしまうなど、いろいろと大変なことになります…。

 

外国人登録証を発行するまでは出国禁止

上記の続きですが、ワーホリビザが発給された状態で韓国に入国すると、それが例え短期の旅行であっても、ワーホリはその日からスタートします(その日から1年間ビザが有効)。

ワーホリ期間中、日本への一時帰国や韓国以外への海外旅行、それは自由なのですが、ひとつだけ条件があるんです。

それは「外国人登録証」の発行

正式に韓国に在住しているということを証明する、身分証明書のようなものになります。

この外国人登録証を携帯していれば、韓国への出入国は1年間自由なのですが、外国人登録証はそんなに簡単に発行できるものではないんです。

予約を取るのに2週間ほど、申請してから受け取るまでに2週間ほどと、最低1ヶ月はかかると思っていてください。

外国人登録証を発行せずに韓国を出国してしまうと、ワーホリビザはその時点で無効となります。そして、もう二度と発行することができません

これを知らずにワーホリの前に旅行で渡韓してしまったり、外国人登録証を発行せずに一時帰国してしまったり、という人も少なくはないようです(そしてせっかくのワーホリビザが無効に…!)。

りこりあ
りこりあ
人生でたった一度きりのワーホリビザを、こんな風に棒に振ってしまってはもったいないので、要注意です!!
あわせて読みたい
【韓国留学/ワーホリ】外国人登録証申請の必要書類・申請書書き方・予約方法まで!ワーホリビザ・語学留学ビザを取得し、いざ韓国へ入国。 これからの楽しい韓国生活の始まりに胸が膨らむところですが、実は安心するにはま...

 

Q「ワーホリビザ取得後に旅行してもいいという話を聞いたのですが、どちらが正しいのでしょうか?」

りこりあ
りこりあ
中にはそういった例もあるようですが、ごく稀、というかラッキーだったんだと思います(韓国あるあるの担当者適当問題じゃないかと…)。

実際にビザが失効した例もあるので、ワーホリ前の旅行は控えておくのが無難でしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

韓国ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザについて、そしてビザ申請について、まとめてご紹介しました!

ビザ申請は複雑ですし面倒なことも多いですが、しっかりと流れを掴んで準備しておけば問題なく発給してもらえるはずです。

この記事は、あくまで私の経験を基にした内容です。分からないことや気になることがあれば、お住いの地域の管轄領事館に問い合わせてみてください。

あわせて読みたい
【韓国ビザ申請】日本全国にある韓国総領事館の管轄地域まとめ【都道府県別】 D-4ビザ(一般研修ビザ)、H-1ビザ(ワーホリビザ)、F-6ビザ(結婚移民ビザ)などなど…、韓国のビザを申請するにはどこに行け...
 ソウルのおすすめ語学学校 
オッパ
オッパ
韓国でのワーキングホリデー生活、韓国語の習得も欠かせません!アルバイトと勉強を両立し、充実した韓国生活を送りましょう。
りこりあ
りこりあ
アルバイトをしながら、より早くより効率的に韓国語を学びたいなら【 EFソウル校 】がおすすめですよ!

ABOUT ME
りこりあ
りこりあ
韓国情報サイト REKOREA(リコリア)を運営する韓国在住日本人(28)。韓国に関するご質問&ご相談はLINE@からどうぞ!24時間以内に返信します。